トップページHome > D.海外 > 初年度から欧州クラシックホースを複数輩出した新種牡馬ドバウィ

初年度から欧州クラシックホースを複数輩出した新種牡馬ドバウィ

  • 2010-05-10 (月) 12:00
  • D.海外

アイルランドの種牡馬ドバウィの初年度産駒、ワーサド Worthaddがミルコ・デムーロ騎手の手によってイタリアダービー(G2)を制し、イタリアクラシック2冠を達成した。
同馬はアイルランド産で、Rahyの牝馬ウィグマンから生まれた。この母親はドイツダービー馬ダイジン Dai Jinの半妹で、牝系からはケンタッキーオークス馬ホワイトスターラインが出ている。

ワーサドがイタリアダービーを制した1週間後、またドバウィ産駒であるマクフィがニューマーケットの英2000ギニーを勝利した。

ドバウィは昨シーズンの全欧新種牡馬ランキングの首位に立っている。
同馬はニューマーケットのダルハムホーススタッドに繋養されており、種付け料は2万ユーロ。

ドバウィの5代血統表

ドバウィのオーナーであるシェイク・モハメド殿下が最も愛したドバイミレニアムが、引退後、初年度産駒であるドバウィが早々に種牡馬として成功した事は殿下にとって大いなる喜びとなったと考えて間違いない。

ドバウィの他の有力な産駒としては、昨年グループ2を制したポエッツヴォイス、サンドヴィクセン、そして最近リングフィールド競馬場のダービートライアルを2着したドバウィファントムがいる。

参考:
Another first-crop Classic for Dubawi (英レーシングポスト)

Similar Posts:

コメントComments:0

コメント記入欄Comment Form
Remember personal info

トラックバック数:0

この記事のトラックバックURL Trackback URL for this entry
http://www.bookfull.jp/blog/wp-trackback.php?p=4482
Listed below are links to weblogs that reference
初年度から欧州クラシックホースを複数輩出した新種牡馬ドバウィ from Bookfull.jp競馬ヘッドライン

トップページHome > D.海外 > 初年度から欧州クラシックホースを複数輩出した新種牡馬ドバウィ

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑