Home > Search Result

Search Result

ダイワメジャー の検索結果: 12

[新馬戦]ダイワメジャー産駒、ダイワミストレスが勝利[+動画]

東京5Rの新馬戦(メイクデビュー東京、ダート1400m)は、3番人気ダイワミストレス(横山典弘騎手)が3-1/2馬身差で勝利した。タイムは1分26秒9。
2着に6番人気リーゼントブルース、3着に14番人気モエレアンバサダー。

ダイワミストレス:2009年生、牝馬
父ダイワメジャー、母サウンドバイト、母の父ホワイトマズル
美浦・菊沢隆徳厩舎所属。大城敬三氏の所有、千歳・社台ファームの生産。

横山典弘騎手は「いいスピードを持っている。桜花賞を目指すことになると思うが今後はオーナー、調教師と相談だね。」とコメント。

・ダイワメジャーの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているダイワメジャー産駒の売り馬

[新馬戦]ダイワメジャー産駒、ニケが勝利[+動画]

札幌5Rの新馬戦(メイクデビュー札幌、芝1500m)は5番人気ニケ(勝浦正樹騎手)がアタマ差勝利した。タイムは1分32秒7(良)。
2着に3番人気エイブルトップガン、3着に1番人気ストラスペイ。

ニケ:2009年生、牝馬
父ダイワメジャー、母ナイツエンド、母の父エンドスウィープ
美浦・水野貴広厩舎所属。畑佐博氏の所有、浦川・富田牧場生産。
同馬は近親にダークシャドウ(エプソムC-G3)がいる。
畑佐氏は畑佐興業株式会社(愛知県春日井市 造園工事業)の代表取締役社長。

勝浦騎手は「ハナに行こうと思わず先に繋がるレースが出来ればと思っていた。自然にハナに行き、楽な流れだった。デビューを1週延ばして状態もアップしていたのも良かった」とコメント。

・ダイワメジャーの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているダイワメジャー産駒の売り馬

野路菊S、ダローネガが競り勝つ[+動画]

阪神9Rの野路菊ステークス(2歳オープン、芝1800m)は1番人気ダローネガ(佐藤哲三騎手)が1/2馬身差で勝利した。タイムは1分48秒7(良)。
2着に2番人気ニシノビークイック、3着に6番人気メイショウカドマツ。

ダローネガ:2009年生、牡馬
父ダイワメジャー、母カメリアローズ、母の父ホワイトマズル
栗東・佐々木晶厩舎所属、キャロットファームの生産、安平・ノーザンファームの生産。
通算成績は3戦2勝。

佐々木晶三調教師は「並んでからしぶとかった。接戦でも勝つことに意義があるから早めに2勝目を挙げられて楽になった。途中で力んだり遊んだりするところがある。次はデイリー杯2歳Sへ。その結果次第で朝日杯に行くかラジオNIKKEI杯に行くかを決めたい」とコメント。

・ダイワメジャーの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているダイワメジャー産駒の売り馬

カンナS、牝馬のビウイッチアスが制す[+動画]

中山9Rのカンナステークス(2歳オープン・芝1200m)は、4番人気ビウイッチアス(吉田豊騎手)が1/2馬身差で勝利した。タイムは1分08秒2。
2着に3番人気ブランダムール、3着に7番人気トウケイヘイロー。

ビウイッチアス:2009年生、牝馬
父ダイワメジャー、母フィールドソング、母の父Gulch
美浦・武藤善則厩舎所属。井上一郎氏の所有、日高・いとう牧場の生産。
通算成績は3戦2勝。

吉田豊騎手は「利口な馬。ゲートの出も良く引っかかるところもなかった。狭い所から良く抜け出してくれた」とコメント。

・ダイワメジャーの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているダイワメジャー産駒の売り馬

[未勝利]ジャングルポケット産駒、ダイワルージュの仔ダイワファルコンが勝利[+動画]

中山3Rの2歳未勝利(芝1600m)は、1番人気ダイワファルコン(後藤浩輝騎手)が3/4馬身差で勝利した。タイムは1分35秒5。
2着に6番人気カリバーン、3着に4番人気コスモマクスウェル。

ダイワファルコン:2007年生、牡馬

父ジャングルポケット、母ダイワルージュ、母の父サンデーサイレンス
美浦・上原博之厩舎所属。大城敬三氏の所有、千歳・社台ファームの生産。
母は新潟2歳S勝ち馬、母の全弟がダイワメジャー(種牡馬)という血統。通算成績は2戦1勝。

騎手は、馬込みの中だと普段通りの走りをするがまだ集中していない。あえて馬群の中に入れたが細かい脚も使えるし鈍さは感じない。このあたりで止まってもらっては困る血統の馬、まず1つ勝てて良かった、とコメント。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているジャングルポケット産駒の売り馬

Home > Search Result

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑