ホーム > タグ > アグネスデジタル

アグネスデジタル

シリウスS、初ダートのヤマニンキングリー2年ぶりの重賞勝ち[+動画]

阪神11Rのシリウスステークス(3歳以上G3、ダート2000m)は、5番人気ヤマニンキングリー(武豊騎手)が2-1/2馬身差勝利した。タイムは2分04秒3。
2着に4番人気キングスエンブレム、3着に2番人気フサイチセブン。

ヤマニンキングリー:2005年生、牡馬
父アグネスデジタル、母ヤマニンアリーナ、母の父サンデーサイレンス
栗東・河内洋厩舎所属。土井肇氏の所有、新冠・錦岡牧場生産。
通算成績は29戦7勝。
土井氏は土井商事株式会社(愛知県名古屋市 商品先物取引業)の代表取締役社長。大万証券株式会社(愛知県名古屋市 証券業)の代表取締役会長。

武豊騎手は「スタートが良かったし初ダート戦なので砂を被らないポジションでレースをしようと思っていた。手応えが良かったので押し切れると思った。芝も走るがダートもいい。今後の選択肢が広がったのではないか。」とコメント。

・アグネスデジタルの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているアグネスデジタル産駒の売り馬

アンタレスS、ダイシンオレンジが初重賞[+動画]

京都10Rのアンタレスステークス(G3、ダート1800m)は4番人気ダイシンオレンジ(川田将雅騎手)が中団追走から直線抜け出し1-1/4馬身差で優勝。タイムは1分49秒7。
2着に5番人気ナニハトモアレ、3着に2番人気フサイチセブン。1番人気トランセンドは伸びを欠き8着に敗れた。

ダイシンオレンジ:2005年生、牡馬

父アグネスデジタル、母アシヤマダム、母の父ラシアンルーブル
栗東・庄野靖志厩舎所属。大八木信行氏の所有、日高・戸川牧場の生産。
同馬は2006年サマーセールにて1450万円で落札された。 通算成績は17戦6勝。
大八木氏は京都資材建設株式会社(京都府京都市 建設石材窯業製品卸)の代表。

川田騎手は、前回は僕が馬を信じ切れなくて負けてしまったが、今日は馬を信じて乗った。何回も乗せて頂いて重賞を勝てた。1走毎に馬が勉強して成長してきている。これからもっと大きいところで活躍出来るように頑張りたい、とコメント。

⇒Bookfull.jp 内に掲載されているアグネスデジタル産駒の売り馬

フィリーズレビュー、サウンドバリアー接戦制す[+動画]

トライアルを制したサウンドバリアー(写真提供:Glory to Horses!!)

トライアルを制したサウンドバリアー(写真提供:Glory to Horses!!)

阪神11R、フィリーズレビュー(G2、3歳牝馬、芝1400m)は、9番人気サウンドバリアー(渡辺薫彦騎手)が直線大外から脚を伸ばしゴール前でハナ差で勝利。タイムは1分22秒8。
2着は1番人気ラナンキュラスがズブさを見せるも粘りこみ、3着は5番人気レディアルバローザ。上記3頭が桜花賞の優先出走権を獲得した。
2番人気に推された地方年度代表馬ラブミーチャンは逃げて失速12着。

サウンドバリアー:2007年生、牝馬

父アグネスデジタル、母スリーピングインシアトル、母の父Seattle Slew
栗東・安達昭夫厩舎所属。増田雄一氏の所有、浦河・笹地牧場の生産。
通算成績は7戦2勝。
増田雄一氏は城北電装株式会社(愛知県小牧市 電子計算機等製造業)の代表。

渡辺騎手は、折り合いに気をつけて乗った。うまく外に出せたし流れに乗るだけで手応え通り切れ味を発揮してくれた。折り合いがつけられるので距離は延びても大丈夫。溜めれば凄い脚を使ってくれる。本番も頑張りたい、とコメント。

安達師は、心配していたが折り合いはついた。前走乗った和田騎手が前に馬を置けば好位にいても終いは弾けると言っていた。距離が延びても頑張って欲しい、とコメント。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているアグネスデジタル産駒の売り馬

[新馬戦]アグネスデジタル産駒、アグネススペクトルが勝利[+動画]

中山4Rの新馬戦(メイクデビュー中山、ダート1200m)は、2番人気アグネススペクトル(柴田善臣騎手)直線だけの競馬で5馬身差をつけて勝利した。タイムは1分14秒1。
5馬身差の2着に12番人気ペリグー、3着に6番人気ヒルノリンベル。

アグネススペクトル:2007年生、牝馬

父アグネスデジタル、母アグネスチャームズ、母の父ブラックタイアフェアー
栗東・清水久詞厩舎所属。渡辺孝男氏の所有、新ひだか・三石川上牧場の生産。
おじにアグネスストーム(7勝、小倉大賞典5着ほか)がいる。

柴田善臣騎手は、スタートで前に出て行かなかったがハミを取ってからは凄い伸び脚だった。乗った感じはダートで走りそうな感じだったがそれにしてもいい脚だった。楽しみな馬だ、とコメント。
⇒Bookfull.jp内に掲載されているアグネスデジタル産駒の売り馬

[未勝利]アグネスデジタル産駒、マスタールティアが勝利

中山3Rの3歳未勝利戦(ダート1200m)は、4番人気マスタールティア(中舘英二騎手)が逃げ切って3-1/2馬身差で勝利した。タイムは1分13秒1。
2着に2番人気メイショウセキトバ、3着に1番人気ワンナップアイテム。

マスタールティア:2007年生、牝馬

父アグネスデジタル、母ウインデンファーレ、母の父ダンスインザダーク
美浦・柴崎勇厩舎所属。村山卓也氏(北海道日高郡新ひだか町 有限会社ムラヤマ・ブラッドストック代表)の所有、新冠・細川農場の生産。
通算成績は5戦1勝。

騎手は、出が良ければ行こうと思っていたがどういう競馬でも出来そう。まだ若くてバランスが悪いがこれからもっと良くなるだろう、とコメント。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているアグネスデジタル産駒の売り馬

Home > Tags > アグネスデジタル

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑