ホーム > タグ > アドマイヤベガ

アドマイヤベガ

小倉大賞典、7歳馬サンライズベガ重賞初制覇[+動画]

小倉11Rの小倉大賞典(G3ハンデ、芝1800m)は6番人気サンライズベガ(秋山真一郎騎手)がハナ差で勝利した。タイムは1分45秒3。
2着に9番人気バトルバニヤン、3着に1番人気リルダヴァル。

サンライズベガ:2004年生、牡馬
父アドマイヤベガ、母オーパスワン、母の父Theatrical
栗東・音無秀孝厩舎所属。松岡隆雄氏(山口県下関市 株式会社松岡・代表取締役 生鮮魚介卸売業)の所有、日高・下河辺牧場の生産。
通算成績は32戦6勝。

秋山騎手は、道中もスムーズでうまく行った。最後も良く頑張ってくれた。馬に力がある、とコメント。

中山グランドジャンプ、本命落馬しメルシーモンサンが大金星[+動画]

中山11Rの中山グランドジャンプ(障害JG1、芝4250m)は、8番人気メルシーモンサン(高野容輔騎手)が勝利した。タイムは5分03秒5。
クビ差の2着に5番人気オープンガーデン、3着に2番人気トーワベガ。
1番人気のメルシーエイタイムは落馬して競走中止した。

メルシーモンサン:2005年生、牡馬

父アドマイヤベガ、母カネショウダイヤ、母の父ダイヤモンドショール
栗東・武宏平厩舎所属。永井康郎氏の所有、新ひだか・三石ファームの生産。
通算成績は21戦2勝。

高野容輔騎手は、速い脚切れる脚はないがスタミナだけは負けないと思っていた。今日のような馬場も良かったと思うし、最後も良く頑張って伸びてくれた、とコメント。

小倉大賞典、オースミスパークが3連勝[+動画]

中京11Rの小倉大賞典(G3、芝1800m)は、7番人気オースミスパーク(藤岡康太騎手)が逃げ切ってクビ差勝利した。タイムは1分47秒2。
2着に2番人気ナリタクリスタル、3着に13番人気マヤノライジン。なお2位入線のマイネルスターリーは直線で斜行したため5着に降着。

オースミスパーク:2005年生、牡馬

父アドマイヤベガ、母シルクスパークル、母の父フォーティナイナー
栗東・南井克巳厩舎所属。株式会社オースミの所有、門別・長谷川牧場の生産。
同馬は2005年セレクトセールにて2200万円で落札された。通算成績は24戦6勝。

藤岡康太騎手は、ハナに行って欲しいと言われていた。1~2コーナーで少しハミを噛んだがすぐに折り合いもついたし直線もいい伸びだった。良い状態だったし強い勝ち方ができた、とコメント。

京阪杯、プレミアムボックスがゴール前の混戦制す

プレミアムボックス(2008年オーシャンステークス時、写真提供:馬・写・道)

プレミアムボックス(2008年オーシャンステークス時、写真提供:馬・写・道)

京都11Rの京阪杯(3歳以上G3・芝1200m)は、7番人気プレミアムボックス(幸英明騎手)がゴール手前で差し切ってクビ差勝利した。タイムは1分07秒6。幸騎手は今年初めての重賞勝ち。
2着に3番人気レディルージュ(父ブライアンズタイム)、3着に16番人気ヘイローフジ(父キングヘイロー)。
1番人気アルティマトゥーレは直線伸びを欠き、8着。

プレミアムボックス:2003年生、牡馬
父アドマイヤベガ、母チャッターボックス、母の父ターゴワイス
美浦・上原博之厩舎所属。社台レースホース所有、千歳・社台ファームの生産。
同馬は半妹にスワンキーポーチ(フェアリーSJpn3-2着)、近親にインティライミ(京都大賞典ほか)がいる。通算成績は27戦8勝。

騎手は、最後はいい脚を使ってくれると聞いたのでそれを生かしてイメージ通りの競馬ができた。この調子なら上のステージも狙えるようになると思う、とコメント。

CBC賞、プレミアムボックスが制する波乱

中京競馬場で行われたCBC賞(G3、芝1200m)は、鮫島良太騎乗の12番人気プレミアムボックス(牡6歳、美浦・上原博之厩舎)が1分08秒0のタイムで勝った。
2着にはエイシンタイガー、3着にはスピニングノアールが入った。1番人気のアーバンストリートは、5着に敗れた。

プレミアムボックス:2003年生、牡馬
父アドマイヤベガ、母チャッターボックス、母の父ターゴワイス
同馬の半妹スワンキーポーチは、フェアリーS(Jpn3、2007年)の2着馬。
2代母シャダイチャッターは、小倉記念(G3、1985年)の勝ち馬。従兄ワンモアチャッターは、朝日チャレンジC(G3、2005 年)の勝ち馬。

Home > Tags > アドマイヤベガ

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑