ホーム > タグ > アドマイヤマックス

アドマイヤマックス

[新馬戦]アドマイヤマックス産駒、モンサンアポロが勝利[+動画]

中山5Rの新馬戦(メイクデビュー中山、芝1200m)は3番人気モンサンアポロ(蛯名正義騎手)が3馬身差で勝利した。タイムは1分10秒4。
2着に10番人気ペルック、3着に1番人気ゴールドエタンセル。

モンサンアポロ:2008年生、牡馬
父アドマイヤマックス、母センシュートレジャ、母の父ミホシンザン
美浦・岩戸孝樹厩舎所属。山下新一氏の所有、新冠・中村農場の生産。
同馬は2009年オータムセールにて310万円にて落札された。

蛯名騎手は、物見が酷く、前に馬を置いてレースがしたかったが、自分で前に出てフラフラしないように走らせた。次は後ろで脚を溜める形になればいいが、テンションが上がらないといい、とコメント。

・アドマイヤマックスの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているアドマイヤマックス産駒の売り馬

[新馬戦]アドマイヤマックス産駒、クィンビークイーンが勝利[+動画]

東京6Rの新馬戦(メイクデビュー東京、芝1400m)は10番人気クィンビークイーン(小林淳一騎手)がハナ差で勝利した。タイムは1分25秒5。
2着に3番人気サトノロック、3着に11番人気ゴールデンダニエル。

クィンビークイーン:2007年生、牝馬

父アドマイヤマックス、母ジョーディッガー、母の父ジェイドロバリー
美浦・小西一男厩舎所属。竹森幹雄氏の所有、浦河・大成牧場の生産。
近親にジョーファング(4勝)がいる。

小林淳一騎手は、敏感な馬でとにかくリズムを崩さない事だけを考えて乗った。道中は頭を上げたりひ弱さが残るが少しずつパワーアップしてくれればまだ伸び代がある、とコメント。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているアドマイヤマックス産駒の売り馬

[新馬戦]アドマイヤマックス産駒、シェーカーが圧勝[+動画]

中山5Rの新馬戦(メイクデビュー中山、ダート1200m)は2番人気シェーカー(後藤浩輝騎手)が逃げ切って8馬身差で勝利した。タイムは1分13秒0。
2着に6番人気ハンプトンシチー、3着に3番人気エースハート。

シェーカー:2007年生、牡馬

父アドマイヤマックス、母マイネフランシー、母の父ペンタイア
栗東・北出成人厩舎所属。深見富朗氏の所有、新冠。コスモヴューファームの生産。
同馬は2008年サマーセールにて920万円にて落札された。
深見富朗氏は株式会社建重製作所(愛知県豊田市、金属加工機械製造業)の会長を務める。

後藤騎手は、ハミ受けが良くないと聞いていたがスピードがある。今日はこだわって前へ行った。全体的にしっかりしてくればさらに良くなるだろう、とコメント。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているアドマイヤマックス産駒の売り馬

ビッグレッドファーム、2010年度の種牡馬ラインアップと種付料

ビッグレッドファーム(北海道新冠町明和)の2010年度シーズンのラインアップと種付料が決定した。

新種牡馬は、ブリーダーズカップターフを二連覇などG1を4勝したコンデュイット Conduit。種付料300万円は同スタリオンの最高価格となる。

ステイゴールドはブリーダーズスタリオンステーション(日高町)へ、
アドマイヤマックスはビッグレッドファームに移動している。(二年毎に互いの供用場所を交代)
また、ゼンノエルシドは青森県の山内牧場へ移動した。

Continue reading

[未勝利]アドマイヤマックス産駒、マイネコティヨンが勝利

中山2Rの2歳未勝利戦(芝1200m)は2番人気マイネコティヨン(津村明秀騎手)が1/2馬身差で勝利した。タイムは1分10秒2(稍重)。
2着に7番人気フィールザファン、3着に4番人気チェックユアハート。

マイネコティヨン:2007年生、牝馬

父アドマイヤマックス、母マイネシンデレラ、母の父タマモクロス
美浦・畠山吉宏厩舎所属。サラブレッドクラブラフィアンの所有、新冠・ビッグレッドファームの生産。
通算成績は7戦1勝。

騎手は、前回はフワフワしていたが今日はハミを噛んで道中の手応えもおかしくならなかった。こういう競馬が出来れば東京の1400mでも大丈夫、とコメント。
⇒Bookfull.jp内に掲載されているアドマイヤマックス産駒の売り馬

Home > Tags > アドマイヤマックス

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑