ホーム > タグ > ウォーエンブレム

ウォーエンブレム

[新馬戦]ウォーエンブレム産駒、フレイムオブピースが勝利[+動画]

東京6Rの新馬戦(メイクデビュー東京、ダート1400m)は、2番人気フレイムオブピース(蛯名正義騎手)が5馬身差勝利した。タイムは1分25秒6。
2着に1番人気ワイルドアイザック、3着に4番人気ペガサスバイオ。

フレイムオブピース:2009年生、牡馬
父ウォーエンブレム、母ブローザキャンドル、母の父サンデーサイレンス
栗東・浅見秀一厩舎所属。社台レースホースの所有、千歳・社台ファームの生産。

蛯名正義騎手は、「ウォーエンブレム産駒らしく元気がいい。少し引っかかりそうな雰囲気があるから抑えて競馬をしていければと思う。」とコメント。

・ウォーエンブレムの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているウォーエンブレム産駒の売り馬

アンタレスS、ウォータクティクスが破竹の6連勝&レコード[+動画]

ウォータクティクス快進撃!(写真提供:Glory to Horses!)

ウォータクティクス快進撃!(写真提供:Glory to Horses!)

京都競馬場で行われたアンタレスS(G3、ダート1800m)は、川田将雅騎乗の2番人気ウォータクティクス(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)が1分47 秒8のレコードタイムで勝ち、重賞初勝利を果たした。
2着には1番人気のワンダースピード、3着にはボランタスが入った。

ウォータクティクス:2005年生
父ウォーエンブレム、母アドマイヤハッピー、母の父トニービン
同馬の伯母エガオヲミセテは、阪神牝馬特別(G2、1998年)とマイラーズC(G2、1999年)の勝ち馬。叔父オレハマッテルゼは、高松宮記念(G1、2006年)の勝ち馬。
叔父トゥリオンファーレは、ラジオNIKKEI杯2歳S(Jpn3、2008年、勝ち馬ロジユニヴァース)の3着馬。

ブラックエンブレムが21日にドバイへ渡航

ドバイ遠征を予定しているブラックエンブレム(牝4歳、父ウォーエンブレム、美浦・小島茂之厩舎)の日程が決まった。

1月15日に栗東トレセンに入厩、16日~21日まで輸出検疫。
21日18:35発の輸送機で関西国際空港からドバイへ向け出国する。帰国予定日は未定。
なお今回はパートナーとしてアースリヴィング(牝3歳、美浦・小笠厩舎)が同行する。

なお、ブラックエンブレムは2月5日にナドアルシバ競馬場で行われるケープヴェルディスS(芝1600m)か、2月20日のバランシーンS(芝1777m)に出走予定しており、ドバイワールドカップディに備える。

Home > Tags > ウォーエンブレム

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑