ホーム > タグ > クラキングオー

クラキングオー

[道営]9/8の2歳認定、2歳オープンの結果

●門別競馬場で行われた、ザール賞(オープン・1200m・1着賞金65万円)は、1番人気のクラキンコ(小嶋久輝騎手)が好位から抜け出して、ルー キーチャレンジに続く連勝。(勝ちタイム1分12秒8)。

クラキンコ:2007年産、牝馬
父クラキングオー、母クラシャトル、母の父ワカオライデン 5代血統表
堂山芳則厩舎所属。倉見利弘氏の所有馬、日高・倉見牧場の生産。 通算成績3戦2勝。
父クラキングオーは北海優駿(2000年)、道営記念(2002年)勝ち馬。母のクラシャトルも北海道3歳優駿、北海優駿の勝ち馬。

●門別競馬6R、JRA認定未勝利戦・アタックチャレンジ(1着賞金80万円・1200m)は1番人気のホワイトジュエルが(佐々木国明騎手)後続を4馬身突き放した。

ホワイトジュエル:2007年、牝馬
父ホワイトマズル、母ヒカルトクタイセイ、母の父スターオブコジーン 5代血統表
若松平厩舎所属。同馬は藤原昭三氏の所有。新ひだか・フジワラファームの生産。
通算7戦目での初勝利。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているホワイトマズル産駒の売り馬

●門別競馬7R、JRA認定未勝利戦・アタックチャレンジ(1着賞金80万円・1700m)は、3番人気のマクロ(小国博行騎手)が逃げ馬を直線捉えて抜け出し、3馬身差をつけて勝った。

マクロ:2007年産、牡馬
父サクラプレジデント、母ヤマノラヴリー、母の父シャンハイ 5代血統表
堂山芳則厩舎所属。同馬は木谷ツヤ氏の所有。新冠・川上悦男氏の生産。
通算3戦目で初勝利を挙げている。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているサクラプレジデント産駒の売り馬

Home > Tags > クラキングオー

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑