ホーム > タグ > グラスワンダー

グラスワンダー

オールカマー、アーネストリーが余裕の重賞5勝目[+動画]

中山11Rのオールカマー(3歳以上G2、芝2200m)は、1番人気アーネストリー(佐藤哲三騎手)が1-1/2馬身差で勝利した。タイムは2分11秒2。
2着に6番人気ゲシュタルト、3着に2番人気カリバーン。

アーネストリー:2005年生、牡馬
父グラスワンダー、母レットルダムール、母の父トニービン
栗東・佐々木晶三厩舎所属。ノースヒルズの所有、新冠・ノースヒルズマネジメント生産。
通算成績は21戦10勝。
伯父アグネスカミカゼは目黒記念(G2)勝ち馬。

佐藤哲三騎手は、「状態が完調でなくても馬が完成の域に来ているので楽なレースができた。札幌競馬で仕上げていたので今日までの仕上げは楽だった。国内G1はもとより海外のG1を視野に入れてがんばっていきたい」、とコメント。

佐々木晶三調教師は、「毎日王冠を使うと天皇賞まで中2週なのでこちらを使うことにした。今日は70%ぐらいのデキだった。目一杯追ってないのでダメージもほとんどないと思う。今後は天皇賞秋から有馬記念を使って、来年ドバイでもどこでも招待されれば行くつもり。トランセンドと対決しても面白いかもしれない」、とコメント。

・グラスワンダーの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているグラスワンダー産駒の売り馬

ステイヤーズS、コスモヘレノス重賞初制覇[+動画]

中山11Rのステイヤーズステークス(3歳上G2、芝3600m)は5番人気コスモヘレノス(松岡正海騎手)が3/4馬身差で勝利した。タイムは3分43秒4。
2着に2番人気ジャミール、3着に3番人気ネヴァブション。

コスモヘレノス:2007年生、牡馬
父グラスワンダー、母スターフェスタ、母の父エリシオ
美浦・菊川正達厩舎所属。ビッグレッドファームの所有、日高・ナカノファームの生産。
通算成績は14戦4勝。

松岡騎手は、スタートに気を付けたが手応えもずっと楽だった。距離も持つし天皇賞などで頑張って欲しい、とコメント。

・グラスワンダーの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているグラスワンダー産駒の売り馬

札幌記念、アーネストリーが昨年のダービー馬を完封[+動画]

アーネストリー(札幌記念、写真提供:馬写道)

アーネストリー(札幌記念、写真提供:馬写道)


札幌9Rの札幌記念(G2、3歳上、芝2000m)は1番人気アーネストリー(佐藤哲三騎手)が直線堂々に抜けだして1-3/4馬身差で勝利した。タイムは1分59秒4。
2着に5番人気ロジユニヴァース、3着に7番人気アクシオン。

アーネストリー:2005年生、牡馬

父グラスワンダー、母レットルダムール、母の父トニービン
栗東・佐々木晶厩舎所属。前田幸治氏の所有、新冠・ノースヒルズマネジメントの生産。
通算成績は17戦8勝。

佐藤哲三騎手は、力が違うし、安全策を取って外へ出して行った。やっと本格化してきて中距離の舞台でこれから楽しみになってきた。騎手の言うことを聞いてくれるようになったし気持ちにメリハリがついてきた、とコメント。

・グラスワンダーの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているグラスワンダー産駒の売り馬

金鯱賞、アーネストリーが人気に応える [+動画]

京都10Rの金鯱賞(G2、芝2000m)は1番人気アーネストリー(佐藤哲三騎手)が1-1/4馬身差で勝利した。タイムは1分59秒5。
2着に6番人気ドリームサンデー、3着に4番人気スマートギア。
レース中にタスカータソルテ(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)が、左第1指関節脱臼を発症し競走を中止、予後不良となった。

アーネストリー:2005年生、牡馬

父グラスワンダー、母レットルダムール、母の父トニービン
栗東・佐々木晶厩舎所属。前田幸治氏の所有、新冠・ノースヒルズマネジメントの所有。
伯父アグネスカミカゼは目黒記念(G2,1997年)の勝ち馬。通算成績は15戦7勝。

佐藤哲三騎は、休み明けだが強い内容だった。それでもまだまだの走り方でもっといい走り方ができるはず。大レースに向けてスタッフ一丸で仕上げたい、とコメント。

佐々木晶三調教師は、予定通りの体で出走できたし待避所からゲートまで落ち着いて行けたように精神的にも成長している。タップダンスシチーの域に近づいてきた。宝塚記念に無事に行ってくれるといいね、とコメント。

・グラスワンダーの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているグラスワンダー産駒の売り馬

[新馬戦]グラスワンダー産駒、デプラータが勝利も落馬9頭[+動画]

中山4Rの新馬戦(メイクデビュー中山、ダート1800m)は、1番人気デプラータ(横山典弘騎手)が3-1/2馬身差で勝利した。タイムは2分00秒9。
2着に7番人気トウカイシエロ、大差の3着に13番人気ヴィーヴァジプシー。
なお同レースは4コーナーで9頭(出走馬の半数以上)が落馬するという大惨事となり、1着入線のノボプロジェクトが失格となった。

デプラータ:2007年生、牡馬

父グラスワンダー、母ファーディーン、母の父Ferdinand
美浦・萱野浩二厩舎所属。栗坂崇氏の所有、新ひだか・キヨタケ牧場の生産。
近親にバンフ(3勝、大阪ハンブルクカップ2着ほか)がいる。

横山典弘騎手は、素直な気性で良い走りをしている。脚元がパンとすれば芝でも走れるだろう、とコメント。
・グラスワンダーの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているグラスワンダー産駒の売り馬

Home > Tags > グラスワンダー

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑