ホーム > タグ > スリーロールス

スリーロールス

レックススタッド2010種牡馬展示会

2月23日、レックススタッドの2010年度種牡馬展示会が開催された。
新種牡馬4頭を含む総計26頭の種牡馬が展示されたが、最も注目を集めたのは新種牡馬マツリダゴッホとスクリーンヒーローの2頭。調教師も来場して生産者にスピーチをするなど、例年になく力の入った展示を行った。
なお3月15日までに同種馬場で種付け予約をすると早期割引キャンペーンを実施するとのアナウンスが発表された。

レックススタッドの新種牡馬マツリダゴッホ

レックススタッドの新種牡馬マツリダゴッホ

マツリダゴッホは数あるサンデーサイレンス系種牡馬の中でも素晴らしい体質の良さが目立った。
来場した国枝調教師は「2歳時から引退まで1度も故障をしなかった体質の良さ」を強調。「サンデー産駒の中でも特に素晴らしい飛節をしていた。是非ともマツリダゴッホ産駒を預かりたい。できれば5頭くらいは。」と同馬へのサポートを約束しつつ来場した生産者へピーアール。

レックススタッドの新種牡馬スクリーンヒーロー

レックススタッドの新種牡馬スクリーンヒーロー

スクリーンヒーローについても鹿戸明調教師が来場し、「初めてのG1を取らせてくれた馬。あのウオッカに3回対戦して2度先着しています。」と高い能力を生産者達に強調した。

レックススタッドの新種牡馬スリーロールス

レックススタッドの新種牡馬スリーロールス

有馬記念での故障で急遽引退となった菊花賞馬スリーロールスも元気な姿で登場した。武宏平調教師が来場し、「生まれて4日目で気に入って預かることに決めた馬。根性がある馬で、安定して33秒台の末脚が使える本当に頼もしい馬だった。」「あと2年は現役で使いたかった。」と語った。

菊花賞馬スリーロールスが静内で種牡馬入り

スリーロールス(写真提供:Glory to Horses!!)

スリーロールス(写真提供:Glory to Horses!!)

昨年の菊花賞馬スリーロールスがレックススタッド(北海道・新ひだか町静内)にて種牡馬入りすることが決まった。
同馬は年末の有馬記念で競走中止となった後、栗東トレセン内診療所でエコー検査を受けた結果、左前脚浅屈腱不全断裂(腱が完全に切れた状態で、復帰は困難)と診断され、永井オーナーとの協議の結果、登録抹消し種牡馬になる事が決定した。

1月24日に同スタリオンに入厩しており、今シーズンの種付けに備えている。生産牧場の武牧場のすぐ隣という住み慣れた土地での第二の生活は心強いだろう。
なお種付け料は未定となっている。

スリーロールス:2006年生、牡馬
父ダンスインザダーク、母スリーローマン、母の父ブライアンズタイム 5代血統表
2010年度種付け料:未定
競走成績:12戦4勝(菊花賞G1)
獲得賞金:1億8795万5000円(付加賞含む)。重賞は前記の1勝。

Home > Tags > スリーロールス

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑