ホーム > タグ > ゼンノエルシド

ゼンノエルシド

ラベンダー賞、ロビンフットが接戦制してレコード勝ち[+動画]

函館8Rのラベンダー賞(2歳オープン、芝1200m)は2番人気ロビンフット(勝浦正樹騎手)がハナ差の接戦を制した。タイムは1分09秒5のレコード。
2着に直線モタレた1番人気マイネショコラーデ、3着に8番人気の道営所属ヤマノラヴ。

ロビンフット:2008年生、牡馬

父ゼンノエルシド、母サンディフォルス、母の父サンデーサイレンス
美浦・堀井雅広厩舎所属。桐谷茂氏の所有、新冠・赤石久夫氏の生産。
通算成績は3戦2勝。

勝浦正樹騎手は、真面目に走らずモタれていた。これで勝つのだから能力は高い。体が増えていたが筋肉がついた感じ。1200mの馬じゃないし距離は延びても大丈夫。色々な事がまだまだこれからの馬、とコメント。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているゼンノエルシド産駒の売り馬

[未勝利]ゼンノエルシド産駒、ナムラタイフーン(ナムラクレセントの半妹)が勝利

福島1Rの2歳未勝利(牝馬・芝1200m)は、9番人気ナムラタイフーン(古川吉洋騎手)が好位キープから外を回って差し切り、2馬身差で勝利。タイムは1分09秒6。
2着に15番人気ケイツーノース、3着に2番人気ハートフルボディ。

ナムラタイフーン:2007年生、牝馬
父ゼンノエルシド、母サクラコミナ、母の父サクラシヨウリ
福島信晴厩舎所属。奈村信重氏の所有、新ひだか・八田ファームの生産。
同馬は半兄にナムラクレセント(菊花賞3着ほか)がいる。通算成績は3戦1勝。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているゼンノエルシド産駒の売り馬

騎手は、道中はハミを噛みすぎると聞いていたが、いい感じで折り合えた。真面目すぎるので、いい意味でズブさが出て折り合いさえつけば、とコメント。

Home > Tags > ゼンノエルシド

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑