ホーム > タグ > タニノギムレット

タニノギムレット

東京新聞杯、スマイルジャックが接戦を制し3つ目の重賞[+動画]

東京11R、東京新聞杯(4歳以上G3・芝1600m)は、5番人気スマイルジャック(三浦皇成騎手)がハナ差で勝利した。タイムは1分32秒5。
2着に7番人気キングストリート、3着に2番人気ゴールスキー。

スマイルジャック:2005年生、牡馬
父タニノギムレット、母シーセモア、母の父サンデーサイレンス
美浦・小桧山悟厩舎所属。齊藤四方司氏(東京都、ジーク証券株式会社代表)の所有、むかわ・上水牧場の生産。
通算成績は28戦5勝。スプリングステークス、東京新聞杯、関屋記念。

三浦皇成騎手は、前走のマイルCSで川田騎手がいい競馬をしたのでそれを無駄にしないように専念した。とにかくハミを取るまではこの馬のリズムで走らせることに専念した。自分の初G1はこの馬でと思っている。もう一度頂点を目指していきたい、とコメント。
・タニノギムレットの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているタニノギムレット産駒の売り馬

中山牝馬S、ニシノブルームーン重賞初制覇[+動画]

中山11R、中山牝馬ステークス(G3ハンデ、4歳上牝馬、芝1800m)は、4番人気ニシノブルームーン(北村宏司騎手)が道中中団につけて直線の追い比べからゴール前抜け出して3/4馬身差で優勝。タイムは1分47秒6。
2着に8番人気ウェディングフジコ、3着に9番人気チェレブリタ。1番人気コロンバスサークルは4着。

ニシノブルームーン:2004年生、牝馬

父タニノギムレット、母カプリッチョーサ、母の父Alzao
美浦・鈴木伸尋厩舎所属。西山茂行氏の所有、むかわ・西山牧場の生産。
昨年マーメイドS2着の実績はあるが、重賞は初制覇。通算成績は16戦6勝。

北村宏司騎手は、思ったより速い感じで前が引っ張っていたので丁度良い位置でリズム良く運べた。最後は各馬が迫って来たが余力も残っていたから何とか踏ん張ってくれた。パワーアップしているから今後も順調にいって欲しい、とコメント。

鈴木伸尋師は、筋肉もついてきたし春はヴィクトリアマイルを当初から目標にしていた。輸送があまり得意ではないから関東のレースも良かった。マイルの経験はあまりないが東京のマイルは乗りやすいと思う、とコメント。

・タニノギムレットの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているタニノギムレット産駒の売り馬

春菜賞、ロジフェローズが2勝目を飾る[+動画]

東京9Rの春菜賞(3歳500万下牝馬、芝1400m)は、2番人気ロジフェローズ(横山典弘騎手)がクビ差で勝利した。タイムは1分23秒5。
2着に5番人気ミオリチャン、3着に1番人気メジロオードリー。

ロジフェローズ:2007年生、牝馬

父タニノギムレット、母スイートフェローズ、母の父シンボリルドルフ
美浦・大竹正博厩舎所属。久米田正明氏の所有、日高・日高大洋牧場の生産。
通算成績は3戦2勝。

横山典弘騎手は、勝つには勝ったが、レースに行って燃えすぎるところがある。1400mでこうだからリラックスして走れるようになるといいんだが、とコメント。

・タニノギムレットの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているタニノギムレット産駒の売り馬

[新馬戦]タニノギムレット産駒、シャンギロンゴが勝利[+動画]

東京5Rの新馬戦(メイクデビュー東京、芝2000m)は、6番人気シャンギロンゴ(蛯名正義騎手)が1/2馬身差で勝利した。タイムは2分06秒6。
2着に3番人気サクラキングハーツ、3着に8番人気シャイニングサヤカ。

シャンギロンゴ:2007年生、牡馬

父タニノギムレット、母エラドゥーラ、母の父Sultry Song
美浦・池上昌弘厩舎所属。キャロットファームの所有、安平・ノーザンファームの生産。

蛯名正義騎手は、まだ体に緩いところがあってスタートはどうかと思っていたが、やはりうまく出らなかった。直線中を割れてからは良く伸びたから良い所まで来るかとは思ったがまさか届くとは…。体も大きく晩成かもしれないのでこれから良くなってきそう、とコメント。

・タニノギムレットの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているタニノギムレット産駒の売り馬

2009年度JRA年度代表馬はウオッカ

1月6日、JRAは12時から六本木事務所(東京都港区)で「2009年度JRA賞受賞馬選考委員会」を行い、記者投票の結果に基づいて年度代表馬、競走馬各部門の受賞馬を以下のように決定した。

<JRA賞競走馬部門>

・年度代表馬:ウオッカ(父タニノギムレット)

・最優秀2歳牡馬:ローズキングダム(父キングカメハメハ)
・最優秀2歳牝馬:アパパネ(父キングカメハメハ)

・最優秀3歳牡馬:ロジユニヴァース(父ネオユニヴァース)
・最優秀3歳牝馬:ブエナビスタ(父スペシャルウィーク)

・最優秀4歳以上牡馬:ドリームジャーニー(父ステイゴールド)
・最優秀4歳以上牝馬:ウオッカ(父タニノギムレット)

・最優秀短距離馬:ローレルゲレイロ(父キングヘイロー)
・最優秀ダートホース:エスポワールシチー(父ゴールドアリュール)

・最優秀障害馬:キングジョイ(父マーベラスサンデー)

☆特別賞:カンパニー(父ミラクルアドマイヤ)

ウオッカ(写真提供:Glory to Horses!!)

ウオッカ(ジャパンカップ優勝時、写真提供:Glory to Horses!!)

調教師、騎手部門についてはJRAの内規により各賞が決定している。
<調教師部門>
・最多勝利調教師:藤沢和雄(美浦)
・最高勝率調教師:藤沢和雄(美浦)
・最多賞金獲得調教師:音無秀孝(栗東)
・優秀技術調教師:角居勝彦(栗東)

<騎手部門>
・最多勝利騎手:内田博幸(美浦)
・最高勝率騎手:安藤勝己(栗東)
・最多賞金獲得騎手:武豊(栗東)

・最多勝利障害騎手:五十嵐雄祐(美浦)

・最多勝利新人騎手:松山弘平(栗東)

Home > Tags > タニノギムレット

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑