ホーム > タグ > デュランダル

デュランダル

オークス、エリンコート3連勝でG1制覇[+動画]

東京11Rの優駿牝馬(G1、3歳牝馬、芝2400m)は7番人気エリンコート(後藤浩輝騎手)がクビ差で勝利した。タイムは2分25秒7(良)。
2着に8番人気ピュアブリーゼ、3着に2番人気ホエールキャプチャ。
1番人気マルセリーナは4コーナー大外を回ったロスが響き4着。

エリンコート:2008年生、牝馬
父デュランダル、母エリンバード、母の父Bluebird
吉田照哉氏の所有、栗東・笹田和秀厩舎所属、千歳・社台ファームの生産。
通算成績は9戦4勝。

後藤騎手は、クラシックを勝てて感無量。直線スタンドのライトを気にして馬が内に刺さり修正に手一杯だったが馬にはまだ余裕があった、とコメント。

・デュランダルの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているデュランダル産駒の売り馬

[未勝利]デュランダル産駒、フラガラッハが勝利[+動画]

京都2Rの3歳未勝利戦(ダート1800m)は、1番人気フラガラッハ(武豊騎手)が2番手から無難に抜け出して1/2馬身差で勝利した。タイムは1分54秒0。
2着に7番人気オースミマリオン、3着に4番人気ツルマルヤマト。

フラガラッハ:2007年生、牡馬

父デュランダル、母スキッフル、母の父トニービン
栗東・松永幹夫厩舎所属。キャロットファームの所有、白老・白老ファームの生産。
近親にバトルライン(種牡馬)がいる血統。通算成績は2戦1勝。

・デュランダルの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているデュランダル産駒の売り馬

[未勝利]デュランダル産駒、ドンビザッツウェイが勝利[+動画]

中山1Rの2歳未勝利(ダート1200m)は、3番人気ドンビザッツウェイ(内田博幸騎手)が初ダートも決め手を発揮して3/4馬身差で勝利した。タイムは1分13秒3。
2着に2番人気バクシンカーリー、3着に5番人気デュアルサクセス。

ドンビザッツウェイ:2007年生、牡馬

父デュランダル、母ローレンシア、母の父ホリスキー
美浦・谷原義明厩舎所属。田島榮二郎氏の所有、新ひだか・服部牧場の生産。
2008年サマーセールにて850万円で落札。通算成績は6戦1勝。

調教師は、ちょっとズブいので、騎手に頼んで拍車をつけてもらった。力のあるタイプでダートが良かったのだろう。母親も管理していたがダートが上手かった。距離は1600mがギリギリだろう、とコメント。
⇒Bookfull.jp内に掲載されているデュランダル産駒の売り馬

社台スタリオンステーションの2010年度種牡馬ラインアップと種付料

社台スタリオンステーション(北海道安平町早来)の2010年度シーズンのラインアップと種付料が決定した。

新種牡馬としては、カンパニーとヴィクトリーの2頭が供用される。
種付料の最高価格馬はディープインパクトの900万円。
現在のリーディングサイアートップを走るマンハッタンカフェは約2倍増の600万円(前納、不受胎時全額返還)という設定になった。

Continue reading

[新馬戦]デュランダル産駒、エアラフォンが勝利[+動画]

京都4Rの新馬戦(新馬戦(新馬戦(メイクデビュー京都(芝1400m)は1番人気エアラフォン(C・スミヨン騎手)が直線鋭く差し切って3/4馬身差で人気に応えた。タイムは1分22秒1(良)。
2着に7番人気ショウリュウムーン、3着に2番人気ユメミルテーラー。

エアラフォン:2007年生、牡馬 
父デュランダル、母プリティタイディ、母の父ジェイドロバリー
栗東・池江泰寿厩舎所属。株式会社ラッキーフィールドの所有、安平・ノーザンファームの生産。
同馬のおじにベストタイアップ(7勝、金杯、東京新聞杯、種牡馬)、いとこにトウカイオスカー(5勝)がいる。

騎手は、ゲートを心配したが問題なかった。道中思った通りのレースが出来た。自分でずっと調教をつけてきた馬で勝てて本当に嬉しい、とコメント。

調教師は、3角からノメっていて心配していたが、最後はさすがデュランダル産駒という脚を使ってくれた。もっと筋肉がついてくれば今日みたいな馬場も大丈夫とスミヨン騎手も言ってくれた。次はマイルくらいの距離を使いたい、とコメント。
⇒Bookfull.jp内に掲載されているデュランダル産駒の売り馬

Home > Tags > デュランダル

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑