ホーム > タグ > ハーツクライ

ハーツクライ

サマーセール・2日目、ハーツクライ産駒が最高価格

24日、北海道新ひだか町の北海道市場にて、HBAサマーセール2日目が行われた。

2日目は1歳馬246頭が上場され、うち100頭が落札。売上総額は4億1470万円、売却率は40.65%。
夜明けから激しい雨が降り、終始悪天候にもかかわらず安定した取引が展開された。
落札が決まって家族で抱き合う姿、1000万円を超えた事で大喜びする生産者など、セレクトセールとはまた違った光景が見られるのも当セールの魅力である。

最高価格馬は、ストーミーウェザーの2009(牡、父ハーツクライ、新冠・松浦牧場生産)で、島川隆哉氏が1600万円で落札した。その他1000万円超えは4頭。

ゲシュタルトの半妹である335・エンドレスウェルズ2009(牝 父デュランダル、新冠・細川農場) ㈲ディアレストクラブが1500万円で落札

持ち込みの362・コンフィデントの21(牡、父Exceed And Excel、浦河・日の出牧場生産)で、㈱啓愛義肢材料販売所が1320万円で落札。

420・ハギノオマージュの2009(牡、父クロフネ、新ひだか・本桐牧場生産)木村 信彦氏が1250万円で落札。

422・ハルカナルタビジの21(牡、父プリサイスエンド、浦河・藤春修二氏の生産)ノーザンファームが1120万円で落札。

2日目の成績、速報版
2日目の成績詳細

社台スタリオンステーションの2010年度種牡馬ラインアップと種付料

社台スタリオンステーション(北海道安平町早来)の2010年度シーズンのラインアップと種付料が決定した。

新種牡馬としては、カンパニーとヴィクトリーの2頭が供用される。
種付料の最高価格馬はディープインパクトの900万円。
現在のリーディングサイアートップを走るマンハッタンカフェは約2倍増の600万円(前納、不受胎時全額返還)という設定になった。

Continue reading

Home > Tags > ハーツクライ

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑