ホーム > タグ > バゴ

バゴ

フラワーC、オウケンサクラが初重賞、強行策的中[+動画]

中山11Rのフラワーカップ(G3、3歳牝馬、芝1800m)は、3番人気オウケンサクラ(後藤浩輝騎手)が鮮やかに抜け出して1-1/4馬身差で勝利した。タイムは1分50秒3。
2着に4番人気コスモネモシン、3着に1番人気サンテミリオン。

オウケンサクラ:2007年生、牝馬

父バゴ、母ランフォザドリーム、母の父リアルシヤダイ
栗東・音無秀孝厩舎所属。福井明氏の所有、新冠・高瀬牧場の生産。
通算成績は6戦3勝。なお次走は今後の体調次第で桜花賞かオークスか決定される模様。

後藤騎手は、スタートを決めた時点で上位に来れそうな手応えがあったが予想以上に強かった。馬のリズムだけを考えて乗った。直線も思った以上の伸び脚だった、とコメント。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているバゴ産駒の売り馬

こぶし賞、オウケンサクラがゴール前差し切る[+動画]

京都9Rのこぶし賞(3歳500万、芝1600m)は、1番人気オウケンサクラ(安藤勝己騎手)がクビ差で勝利した。タイムは1分35秒3。
2着に5番人気エアラフォン、3着に4番人気セレスロンディー。

オウケンサクラ:2007年生、牝馬

父バゴ、母ランフォザドリーム、母の父リアルシヤダイ
栗東・音無秀孝厩舎所属。福井明氏の所有、新冠・高瀬牧場の生産。
通算成績は4戦2勝。同馬の母は朝日チャレンジカップG3ほか5勝。

安藤勝己騎手は、末脚が切れると聞いて馬を信じて乗った。エンジンがかかるまで少し時間がかかった。競馬は上手な馬なのでその点は武器。道中もうまく息を入れて走っていた、とコメント。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているバゴ産駒の売り馬

[川崎]12/18の2歳認定レースの結果

●川崎競馬場で行われた1R、認定新馬戦(ダート1400m、1着賞金160万円)は、4番人気のブルーカフェ(佐藤博紀騎手)が逃げて1-1/2馬身差をつけてデビュー勝ち。タイム1分31秒0。

ブルーカフェ:2007年生、牡馬
父イーグルカフェ、母ファーストブレイク、母の父ソウルオブザマター
足立勝久厩舎所属。黛大介氏の所有、新冠・中央牧場の生産。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているイーグルカフェ産駒の売り馬

|
●川崎競馬場で行われた2R、認定新馬戦(ダート1400m、1着賞金160万円)は、6番人気のエビスマーチ(佐藤博紀騎手)が直線抜け出し1馬身差で勝利した。タイムは1分31秒6。

エビスマーチ:2007年生、牝馬
父バゴ、母カゴヤコウハク、母の父シェリフズスター
内田勝義厩舎所属。加藤友三郎氏の所有、浦河・恵比寿牧場の生産。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているバゴ産駒の売り馬

クリスマスローズS、伏兵エスカーダが制す[+動画]

中山9Rのクリスマスローズステークス(2歳オープン、芝1200m)は、7番人気エスカーダ(A・クラストゥス騎手)が逃げ馬を捉えてアタマ差で勝利した。タイムは1分8秒7(稍重)。
2着に1番人気ツルマルジュピター、3着に5番人気プリンセスメモリー。

エスカーダ:2007年生、牡馬

父バゴ、母ベーシックフジ、母の父オペラハウス
美浦・高市圭二厩舎所属。山本武司氏の所有、浦河・北俣牧場の生産。
同馬は2009ブリーズアップセールで500万円で購買された。通算成績は7戦2勝。

騎手は、馬の調子が良かった。調教師から最後に力が足りないかもしれないと聞いていたが凄く頑張ってくれた、とコメント。

調教師は、一度使って馬が良くなっていた。上がりの掛かる馬場も合っている。G1に登録しないとね、とコメント。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているバゴ産駒の売り馬

日本軽種馬協会(JBBA)繋養種牡馬の2010年度種付け料

JBBA日本軽種馬協会の配合申込締切が2009年11月17日(火)に締め切られた。結果通知発送は2009年12月中旬の予定。

協会種馬場の2010年度配置および種付料、種付条件については下記のとおり。

種付条件は3パターンに変更された
A:基本契約
平成22年4月30日または第1回種付日のいずれか遅い日まで支払。(配合牝馬の死亡、不受胎、流産又は死産の場合でも種付料は返還せず。)

B:不受胎種付料返還特約
平成22年4月30日、または第1回種付日のいずれか遅い日までに支払い。フリーリターン特約付。

C:フリーリターン特約付き、9月15日期限払い
平成22年8月31日現在で受胎確認後、同年9月15日まで支払い。

<静内種馬場>
[新種牡馬]ヨハネスブルグ 父ヘネシー
2010年度種付け料:A200万円、B250万円、C300万円
競走成績:10戦7勝(BCジュヴェナイル-米G1ほかG1四勝)
種牡馬成績:2003年度に米で種牡馬入り。2010年度より本邦にて供用開始。代表産駒:Scat Daddy(シャンパンS-米G1)

アルデバラン 父Mr.Prospector
2010年度種付け料:A120万円、B160万円、C200万円 [2009年度:200万円]
2009年度種付頭数:98頭
競走成績:25戦8勝(重賞5勝、G1メトロポリタンHなど)
種牡馬成績:2004年米国で種牡馬入り。2009年より本邦供用開始。代表産駒:ダノンゴーゴー(G3ファルコンS)

ストラヴィンスキー 父Nureyev
2010年度種付け料:A120万円、B160万円、C200万円
2009年度種付頭数:32頭(2008年度:111頭) 2009年度種付け料:230万円
競走成績:8戦3勝(重賞2勝、G1ジュライCなど)
種牡馬成績:2000年より米・ニュージーランドで供用。2003年米ファーストシーズンチャンピオンサイアー。2003-2004年NZファーストシーズンチャンピオンサイアー。代表産駒:セレナードローズ(AJCオークス豪G1)、コンゴウリキシオー(朝日CC-G3)

バゴ 父Nashwan
2010年度種付け料:A110万円、B150万円、C180万円
2009年度種付頭数:21頭(2008年度:40頭) 2009年度種付け料:180万円
競走成績:16戦8勝(重賞6勝、凱旋門賞G1、仏ダービーG1など)
種牡馬成績:2006年より供用開始、初産駒は2009年デビュー。

チーフベアハート 父Chief’s Crown
2010年度種付け料:A90万円、B110万円、C130万円
2009年度種付頭数:34頭(2008年度:69頭) 2009年度種付け料:130万円
競走成績:26戦12勝(重賞5勝、ブリーダーズカップターフG1など)
種牡馬成績:1999年より供用開始。代表産駒:マイネルキッツ(天皇賞・春)、マイネルレコルト(朝日杯フューチュリティS)

ケイムホーム 父Gone West
2010年度種付け料:A80万円、B100万円、C120万円 [2009年度種付け料:120万円]
2009年度種付頭数:96頭(2008年度:175頭)
競走成績:12戦9勝(重賞6勝、パシフィッククラシックS-G1など)
種牡馬成績:2003年米国にて種牡馬入り。2008年より本邦供用。代表産駒:パッション(G3ラハブラS)、ケイアイライジン。

デビッドジュニア 父Pleasant Tap
2010年度種付け料:A80万円、B100万円、C120万円
2009年度種付頭数:4頭(2008年度:29頭) 2009年度種付け料:180万円
競走成績:12戦7勝(重賞4勝、エクリプスS-G1など)
種牡馬成績:2007年より供用開始。産駒は2010年度デビュー

オペラハウス 父Sadler’s Wells
2010年度種付け料:A60万円、B80万円、C100万円 [2009年度:100万円]
2009年度種付頭数:26頭(2008年度:46頭)
競走成績:18戦8勝(重賞6勝、エクリプスS-G1など)
種牡馬成績:1994年より供用開始。代表産駒:テイエムオペラオー(年度代表馬)、メイショウサムソン(二冠馬)

ボストンハーバー 父Capote
2010年度種付け料:A40万円、B60万円、C80万円
2009年度種付頭数:13頭(2008年度:16頭) 2009年度種付け料:100万円
競走成績:8戦6勝(重賞4勝、ブリーダーズCジュヴェナイルG1など)
種牡馬成績:1998年より米国で種牡馬入り。2002年から本邦で供用。代表産駒:イクスキューズ(クイーンC)

キンググローリアス 父Naevus
2010年度種付け料:C20万円 [2009年度:30万円]
2009年度種付頭数:5頭(2008年度:13頭)
競走成績:9戦8勝(重賞5勝、ハリウッドフューチュリティーG1など)
種牡馬成績:1990年より供用開始。代表産駒:ナムラコクオー(NHK杯)、ワンダースピード(アンタレスS)

イシノサンデー 父サンデーサイレンス
2010年度種付け料:C10万円 [2009年度:10万円]
2009年度種付頭数:0頭(2008年度:3頭)
競走成績:22戦6勝(重賞2勝、皐月賞G1など)
種牡馬成績:1999年より供用開始。代表産駒:イシノファミリー(報知杯グランプリC)

<胆振種馬場>
サニングデール 父ウォーニング
2010年度種付け料:C20万円
2009年度種付頭数:5頭(2008年度:29頭) 2009年度種付け料:20万円
競走成績:27戦7勝(重賞5勝、高松宮記念G1など)
種牡馬成績:2005年より供用開始。代表産駒:アスカノヨアケ、カズノウォーニング

シルバーチャーム 父Silver Buck
2010年度種付け料:A10万円、B20万円、C30万円
2009年度種付頭数:8頭(2008年度:44頭) 2009年度種付け料:50万円
競走成績:24戦12勝(ケンタッキーダービー、プリークネスSなど)
種牡馬成績:2000年より米国で種牡馬入り、2005年よりわが国で供用。代表産駒:スプリングワルツ(米G2ランパートH)

スクワートルスクワート 父Marquetry
2010年度種付け料:A10万円、B20万円、C30万円
2009年度種付頭数:11頭(2008年度:14頭) 2009年度種付け料:50万円
競走成績:16戦8勝(ブリーダーズカップスプリントなど)
種牡馬成績:2003年より供用開始。代表産駒:メッサーシュミット(ひまわり賞-OP)

<七戸種馬場>
アラムシャー 父Key of Luck
2010年度種付け料:C20万円
2009年度種付頭数:5頭(2008年度:7頭) 2009年度種付け料:20万円
競走成績:9戦5勝(愛ダービー、キングジョージなど)
種牡馬成績:2003年より供用開始。代表産駒:バイタリティー(サンライズカップ-道営重賞)

カリズマティック 父Summer Squall
2010年度種付け料:A20万円、B30万円、C40万円
2009年度種付頭数:7頭(2008年度:12頭) 2009年度種付け料:60万円
競走成績:17戦5勝(ケンタッキーダービー、プリークネスSなど)
種牡馬成績:2000年米国で種牡馬入り、2003年より本邦で供用。代表産駒:サンキング(コモンウェルスBCS-G2)。

キャプテンスティーヴ 父Fly So Free
2010年度種付け料:A10万円、B20万円、C30万円
2009年度種付頭数:25頭(2008年度:16頭) 2009年度種付け料:30万円
競走成績:25戦9勝(ドバイワールドカップ、ドンHなど)
種牡馬成績:2002年より供用開始。代表産駒:アイスドール、ワンダースティーヴ

<九州種馬場>
サイレントハンター 父サンデーサイレンス
2010年度種付け料:C10万円
2009年度種付頭数:3頭(2008年度:1頭) 2009年度種付け料:10万円
競走成績:53戦11勝(AJCC、新潟大賞典など)
種牡馬成績:2002年より供用開始。代表産駒:ナセ、ハンターキリシマ

ロドリゴデトリアーノ 父El Gran Senor
2010年度種付け料:C10万円
2009年度種付頭数:46頭(2008年度:48頭) 2009年度種付け料:10万円
競走成績:13戦9勝(英2000ギニー、愛2000ギニーなどG1五勝)
種牡馬成績:1993年より供用開始。代表産駒:エリモエクセル(オークス)、スーパーホーネット(京王杯SC)

Home > Tags > バゴ

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑