ホーム > タグ > バブルガムフェロー

バブルガムフェロー

種牡馬バブルガムフェロー死亡、17歳

種牡馬バブルガムフェロー(17歳)が、4月26日(月)に肺炎のため北海道日高町のブリーダーズスタリオンで死亡した。

バブルガムフェロー:1993年生、牡馬
父サンデーサイレンス、母バブルカンパニー、母の父Lyphard
1995年朝日杯3歳ステークスを制し、翌年3歳馬ながら天皇賞秋を制した。通算成績は13戦7勝。
代表産駒はロッカバブル(NZブリーダーズS-G1)、アッパレアッパレ(名古屋GP-Jpn2)、アーリーロブスト(京成杯-G3)など。

サラブレッドブリーダーズクラブ2010年度種付料

サラブレッドブリーダーズクラブ(日高町富川)の2010年度の種牡馬ラインナップと種付料が決定した。

ステイゴールド 父サンデーサイレンス
2010年度種付け料:200万円(受胎)、250万円(出生)
2009年度種付け料:250万円(受胎)、300万円(出生) 2009年度種付頭数:128頭(2008年度:73頭)
競走成績:50戦7勝(重賞4勝、香港ヴァーズG1など)
種牡馬成績:2002年より本邦供用。初年度産駒は2005年デビュー。代表産駒:エルドラド、ドリームジャーニー、マイネレーツェル

グラスワンダー 父Silver Hawk
2010年度種付け料:150万円(受胎)、200万円(出生)
2009年度種付け料:200万円(受胎)、250万円(出生) 2009年度種付頭数:147頭(2008年度:89頭)
競走成績:15戦9勝(重賞6勝、有馬記念G1など。最優秀2歳牡馬)
種牡馬成績:2001年より供用開始。代表産駒:スクリーンヒーロー、セイウンワンダー、サクラメガワンダー

スウェプトオーヴァーボード 父エンドスウィープ
2010年度種付け料:80万円(受胎)、120万円(出生)
2009年度種付け料:70万円(受胎)、100万円(出生) 2009年度種付頭数:133頭(2008年度:118頭)
競走成績:20戦8勝(重賞4勝、メトロポリタンH-G1など)
種牡馬成績:2003年より供用開始。初年度産駒は2006年デビュー。代表産駒:アーバンストリート、キョウエイアシュラ

アドマイヤジャパン 父サンデーサイレンス
2010年度種付け料:70万円(受胎)、100万円(出生)
2009年度種付け料:70万円(受胎)、100万円(出生) 2009年度種付頭数:128頭(2008年度:100頭)
競走成績:10戦2勝(重賞1勝、菊花賞2着)
種牡馬成績:2007年より供用開始。初年度産駒は2010年デビュー。

フサイチコンコルド 父Caerleon
2010年度種付け料:50万円(受胎)、80万円(出生)
2009年度種付け料:70万円(受胎)、100万円(出生) 2009年度種付頭数:64頭(2008年度:72頭)
競走成績:5戦3勝(重賞1勝、日本ダービーG1)
種牡馬成績:1998年より供用開始。2001年ファーストシーズンサイアー1位。代表産駒:ブルーコンコルド、バランスオブゲーム、オースミハルカ

ブラックタイド 父サンデーサイレンス
2010年度種付け料:50万円(受胎)、80万円(出生)
2009年度種付け料:50万円(受胎)、80万円(出生) 2009年度種付頭数:150頭
競走成績:22戦3勝(スプリングS-G2など)
種牡馬成績:2009年より供用開始。初年度産駒は2012年デビュー。

アサクサデンエン 父Singspiel
2010年度種付け料:30万円(受胎)、50万円(出生)
2009年度種付け料:30万円(受胎)、50万円(出生) 2009年度種付頭数:66頭(2008年度:81頭)
競走成績:31戦8勝(重賞2勝、安田記念G1など)
種牡馬成績:2008年より供用開始。初年度産駒は2011年デビュー。

サイレントディール 父サンデーサイレンス
2010年度種付け料:30万円(受胎)、50万円(出生)
2009年度種付け料:30万円(受胎)、50万円(出生) 2009年度種付頭数:53頭(2008年度:-頭)
競走成績:41戦6勝(重賞3勝。シンザン記念G3)
種牡馬成績:2009年より供用開始。初年度産駒は2012年デビュー。

タップダンスシチー 父Pleasant Tap
2010年度種付け料:30万円(受胎)、50万円(出生)
2009年度種付け料:30万円(受胎)、50万円(出生) 2009年度種付頭数:50頭(2008年度:77頭)
競走成績:42戦12勝(重賞5勝、ジャパンカップG1など)
種牡馬成績:2006年より供用開始。初年度産駒は2009年デビュー。代表産駒:ケイアイツバキ

トワイニング 父フォーティナイナー
2010年度種付け料:30万円(受胎)、50万円(出生)
2009年度種付け料:50万円(受胎)、80万円(出生) 2009年度種付頭数:43頭(2008年度:65頭)
競走成績:6戦5勝(重賞2勝、ピーターパンS-G2など)
種牡馬成績:1995年に米国で種牡馬入り。2004年から社台SSにて供用。代表産駒:フサアイチアソート、トゥーアイテムリミット

[新種牡馬]ハイアーゲーム 父サンデーサイレンス
2010年度種付け料:30万円(受胎)、50万円(出生)
競走成績:36戦5勝(重賞2勝、青葉賞G2など)
種牡馬成績:2010年より供用開始。

バブルガムフェロー 父サンデーサイレンス
2010年度種付け料:30万円(受胎)、50万円(出生)
2009年度種付け料:30万円(受胎)、50万円(出生) 2009年度種付頭数:75頭(2008年度:41頭)
競走成績:13戦7勝(重賞5勝、最優秀2歳牡馬)
種牡馬成績:1998年より供用開始。代表産駒:アッパレアッパレ、アーリーロブスト、オノユウ

ブラックホーク 父Nureyev
2010年度種付け料:30万円(受胎)、50万円(出生)
2009年度種付け料:30万円(受胎)、50万円(出生) 2009年度種付頭数:58頭(2008年度:74頭)
競走成績:28戦9勝(重賞5勝、スプリンターズS-G1など)
種牡馬成績:2002年より供用開始。代表産駒:クーヴェルチュール、チェレブリタ、チェレブラーレ

エアジハード 父サクラユタカオー
2010年度種付け料:20万円(受胎)、30万円(出生)
2009年度種付け料:20万円(受胎)、30万円(出生) 2009年度種付頭数:34頭(2008年度:34頭)
競走成績:12戦7勝(重賞3勝、安田記念Jpn1など)
種牡馬成績:2000年より供用開始。代表産駒:アグネスラズベリ、ナナヨーヒマワリ

[新種牡馬]スウィフトカレント 父サンデーサイレンス
2010年度種付け料:20万円(受胎)、30万円(出生)
競走成績:42戦6勝(重賞1勝、小倉記念G3など)
種牡馬成績:2010年より供用開始。

スターキングマン 父Kingmambo
2010年度種付け料:20万円(出生)
2009年度種付け料:20万円(出生) 2009年度種付頭数:15頭(2008年度:17頭)
競走成績:42戦7勝(重賞2勝、東京大賞典Jpn1など)種牡馬成績:2008年より供用開始。初年度産駒は2011年デビュー。

ラスカルスズカ 父コマンダーインチーフ
2010年度種付け料:20万円(出生)
2009年度種付け料:20万円(受胎)、35万円(種付証明書引換条件) 2009年度種付頭数:14頭(2008年度:31頭)
競走成績:16戦4勝(万葉Sなど)
種牡馬成績:2004年より供用開始。代表産駒:サワヤカラスカル、オリオンジャック

アフリート 父Mr. Prospector
2010年度種付け料:Private
2009年度種付け料:Private 2009年度種付頭数:59頭(2008年度:66頭)
競走成績:15戦7勝(重賞3勝、ジェロームH-G1)
種牡馬成績:1989年に米国にて供用開始。1995年から本邦で供用開始。代表産駒:プリモディーネ、バンブーエール、スターリングローズ

スワンS、キンシャサノキセキが久々勝利。スミヨンの手腕光る[+動画]

馬群を割るキンシャサノキセキ(写真提供:Glory to Horses!!)

馬群を割るキンシャサノキセキ(写真提供:Glory to Horses!!)

京都11Rのスワンステークス(3歳以上・G2・芝1400m)は、4番人気キンシャサノキセキ(C.スミヨン騎手)がクビ差の接戦を制して勝利した。タイムは1分20秒3。同馬は約1年3ヶ月ぶりの勝利となる。
2着に16番人気アーリーロブスト(父バブルガムフェロー)がマイペースで逃げてよく粘った、3着に3番人気マルカフェニックス(父ダンスインザダーク)。

キンシャサノキセキ:2003年産、牡馬
父フジキセキ、母Keltshaan、母の父Pleasant Colony
美浦・堀宣行厩舎所属。吉田和美氏の所有、豪州・Arrowleave Joint Ventureの生産。
主な勝ち鞍に函館スプリントS(G3)、キャピタルS、スプリンターズS(G1)2着の実績。通算成績は23戦7勝。

騎手は、折り合いに気を付けて、なだめて抑えながら進めた。直線は良く反応してくた、とコメント。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているフジキセキ産駒の売り馬

[新馬戦]バブルガムフェロー産駒、バルーンが勝利[+動画]

東京5Rのメイクデビュー東京(ダート1400m)は、3番人気バルーン(蛯名正義騎手)が直線はじけるように伸びて4馬身差で勝利した。タイムは1分27秒2。
2着に1番人気ツクバグローバル、3着に6番人気ウィッシュアゲン。

バルーン:2007年生、牡馬
父バブルガムフェロー、母スイートソウル、母の父ソウルオブザマター
美浦・矢野英一厩舎所属。白井岳氏の所有、日高・白瀬明氏の生産。

騎手は、折り合いもつき抜け出してからもしっかり走ってた。距離はもう少し長くても大丈夫そう、とコメント。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているバブルガムフェロー産駒の売り馬

エーデルワイス賞、武豊騎乗のオノユウが勝利

門別競馬場で行われたエーデルワイス賞(交流Jpn3、ダート1200m)は、武豊騎乗の1番人気オノユウが1分14 秒2のタイムで勝った。
2着にはクラキンコ(北海道)、3着にはプリマビスティー(北海道)が入り、地方所属馬が上位を独占した。

オノユウ:2007年生、牝馬
父バブルガムフェロー、母オナーザミント、母の父Honour and Glory
北海道・角川秀樹厩舎所属。(株)オリオンファームの所有、新ひだか・池田牧場の生産。


⇒Bookful.jp内に掲載されているバブルガムフェロー産駒の売り馬

Home > Tags > バブルガムフェロー

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑