ホーム > タグ > ファルブラヴ

ファルブラヴ

ファンタジーS、アイムユアーズ重賞初制覇[+動画]

京都11Rのファンタジーステークス(G3、2歳牝馬、芝1400m)は8番人気アイムユアーズ(I・メンディザバル騎手)が1-1/4馬身差で勝利した。タイムは1分21秒3。
2着に4番人気アンチュラス、3着に1番人気ファインチョイス。

アイムユアーズ:2009年生、牝馬
父ファルブラヴ、母セシルブルース、母の父エルコンドルパサー
美浦・手塚貴久厩舎所属。ユアストーリー(東京都)の所有、安平・ノーザンファームの生産。
通算成績は4戦2勝。
同馬は2010年セレクトセールにて1650万円で購買された。

メンディザバル騎手)は「自分にとって重要な勝利。今回の来日で初勝利を重賞レースで挙げられてとても嬉しい。この馬には初騎乗だったがDVDで研究していた。とてもイージーに乗れたが勝てたのだから強い馬だと思う。」とコメント。

・ファルブラヴの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているファルブラヴ産駒の売り馬

セントウルS、エーシンヴァーゴウが競り勝ちサマースプリント王者に[+動画]

阪神11Rのセントウルステークス(G2、3歳上、芝1200m)は2番人気エーシンヴァーゴウ(田辺裕信騎手)がアタマ差抜けだして勝利。タイムは1分8秒5(良)。
2着に5番人気ラッキーナイン、3着に1番人気ダッシャーゴーゴー。

エーシンヴァーゴウ:2007年生、牝馬
父ファルブラヴ、母カンザスガール、母の父サンダーガルチ
栗東・小崎憲厩舎所属、栄進堂の所有、浦河・栄進牧場の生産。
通算成績は15戦7勝。

田辺騎手は「最後は手応えが一杯一杯で必死に追った。前回負けているので1000mがベストかと思っていたが1200mでも大丈夫な馬だと思う。」とコメント。

クロッカスS、フォーエバーマークが快勝[+動画]

東京9Rのクロッカスステークス(3歳オープン、芝1400m)は、1番人気フォーエバーマーク(吉田豊騎手)が2馬身差で勝利した。タイムは1分21秒0。
2着に2番人気シャイニーホーク、3着に4番人気マジカルポケット。

フォーエバーマーク:2008年生、牝馬
父ファルブラヴ、母リトミックダンス、母の父ダンスインザダーク
美浦・矢野英一厩舎所属。青山洋一氏の所有、千歳・社台ファームの生産。
通算成績は5戦3勝。
同馬は2009年セレクトセールにて2000万円で落札された。

吉田豊騎手は、枠も良く、スタートセンスも良いので出た瞬間に行けるなと思った。楽に行かせてもらえたのは大きい、とコメント。

・ファルブラヴの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているファルブラヴ産駒の売り馬

[新馬戦]ファルブラヴ産駒、ラヴェルソナタが勝利[+動画]

東京5Rの新馬戦(メイクデビュー東京、芝1600m)は、1番人気ラヴェルソナタ(M.ギュイヨン騎手)が3/4馬身差で勝利した。タイムは1分37秒4。
2着に3番人気ロングスローイン、3着に2番人気インナージョイ。

ラヴェルソナタ:2008年生、牡馬
父ファルブラヴ、母ハッピーパス、母の父サンデーサイレンス
美浦・藤沢和雄厩舎所属。サンデーレーシングの所有、安平・ノーザンファームの生産。

藤沢和雄調教師は、本当は先週の1800mの新馬戦を考えていたが、少しケイコ不足だったのでここを使った。お母さんのハッピーパスと違って長目の距離が良いタイプで、追ってからも良いタイプ。ジョッキーもうまく乗ってくれた、とコメント。

・ファルブラヴの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているファルブラヴ産駒の売り馬

キーンランドC、ワンカラットが重賞を連勝 [+動画]

札幌9Rのキーンランドカップ(G3、3歳上、芝1200m)は2番人気ワンカラット(藤岡佑介騎手)が1/2馬身差で勝利した。タイムは1分08秒4。
2着に6番人気ジェイケイセラヴィ、3着に8番人気ベストロケーション。1番人気ビービーガルダンは4着。

ワンカラット:2006年生、牝馬

父ファルブラヴ、母バルドウィナ、母の父Pistolet Bleu
栗東・藤岡健一厩舎所属。青山洋一氏の所有、千歳・社台ファームの生産。
通算成績は18戦4勝。

藤岡佑介騎手は、丁寧な競馬を心掛けて行ったが、途中で他馬にコスられ行きたがってしまった。それでも最後までしっかり走ってくれた。サマースプリントのタイトルは勿論、大きい所を狙って行きたい、とコメント。

・ファルブラヴの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているファルブラヴ産駒の売り馬

Home > Tags > ファルブラヴ

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑