ホーム > タグ > ファンタスティックライト

ファンタスティックライト

ダーレージャパンの2010年度種牡馬ラインアップと種付料[+動画]

来年度のダーレージャパンスタリオンコンプレックスのラインナップが発表された。既報のディープスカイに続いて、豪人気種牡馬のコマンズ、アメリカG1馬のパイロが加わる事になる。

コマンズ Commands 1996年生
父Danehill、母Cotehele House、母の父My Swanee 5代血統表

2010年度種付け料:500万円(出生条件) [新種牡馬]

競走成績:15戦4勝(重賞1勝)
種牡馬成績:2000年に種牡馬入り。2009年豪リーディングサイアー7位。2010年より本邦で供用開始。

代表産駒:
・パープル Purple 2005年生、牝馬 (クイーンズランドオークス-豪G1・芝12F、ストームクイーンS-豪G1・芝10F) 5代血統表
・パラトルーパーズ Paratroopers 2002年生、セン馬 (オールエイジドS-豪G1・芝7F
、コーフィールドギニー-豪G1・芝8F・2着、ジョージライダーS-豪G1・芝7.5F・2着) 5代血統表
・ラセッティング Russeting 2004年生、牝馬 (ウインターS-豪G1・芝7F) 5代血統表
・アンドゥ Undue 2001年生、牡馬 (オークレープレート-豪G1・芝5.5F) 5代血統表

全兄にデーンウィン Danewin (G1五勝馬、クィーンズランドダービー馬カウンティータイロン County Tyrone、マッキノンS勝ち馬テセオ Theseo、香港ダービー馬エレガントファッション Elegant Fashionなどの父)。
豪ではRedoute’s Choice、Danehill Dancerに次ぐデインヒル系種牡馬として定評がある。
ダーレーオーストラリア繋養時は、Street Cry、Exceed And Excelに次ぐ、種付け料5万5000豪ドルという看板種牡馬の1頭。

参考:
ダーレーオーストラリア>Commnds
ダーレージャパン>コマンズ(2009/12/23現在未完成)
|

アドマイヤムーン 2003年生
父エンドスウィープ、母マイケイティーズ、母の父サンデーサイレンス

2010年度種付け料:400万円(出生条件) [2009年度:400万円(出生条件)]
2009年度種付頭数:195頭(2008年度:138頭)

競走成績:17戦10勝(重賞8勝、ジャパンカップ等)。
2008年より本邦供用開始。初産駒は2011年デビュー。

|

ディープスカイ 2005年生
父アグネスタキオン、母アビ、母の父Chief’s Crown 5代血統表

2010年度種付け料:350万円(出生条件) [新種牡馬]

競走成績:17戦5勝(重賞4勝、G1日本ダービーなど)
種牡馬成績:2011年より種牡馬入り。

[ディープスカイの日本ダービー動画]

|

アルカセット 2000年生
父Kingmambo、母チェサプラナ、母の父Niniski

2010年度種付け料:250万円(受胎条件) [2009年度:250万円(受胎条件)]
2009年度種付頭数:92頭(2008年度:107頭)

競走成績:16戦6勝(重賞3勝、ジャパンカップほか)
2006年より本邦で供用開始。初産駒は2009年デビュー。

[アルカセットのジャパンカップ動画]

|

パイロ Pyro 2005年生
父Pulpit、母Wild Vision、母の父Wild Again 5代血統表

2010年度種付け料:200万円(出生条件) [新種牡馬]

競走成績:17戦5勝(重賞4勝、G1フォアゴーステークスほか)。
種牡馬成績:2011年より種牡馬入り。

[パイロのフォアゴーステークス動画]

|

ファンタスティックライト 1996年生
父Rahy、母Jood、母の父Nijinsky

2009年度:200万円(出生条件) [2009年度:250万円(出生条件)]
2009年度種付頭数:108頭(2008年度:102頭)

競走成績:25戦12勝(重賞9勝、エミレーツワールドチャンピオン2回)
種牡馬成績:2002年に種牡馬入り。2007年より本邦で供用開始。
代表産駒:シンティロ(伊G1)、ミッションクリティカル(ニュージーランドG1)

|

ストーミングホーム 1998年生
父Machiavellian、、母Try to Catch Me、、母の父Shareef Dancer

2010年度種付け料:150万円(出生条件) [2009年度:150万円(出生条件)]
2009年度種付頭数:74頭(2008年度:29頭)

競走成績:24戦8勝(重賞4勝、G1英チャンピオンステークス他)
種牡馬成績:2004年に種牡馬入り。2008年より本邦で供用開始。
代表産駒:フライングクラウド(英G2ディブルスデイルステークス)

|

ザール 1995年生
父Zafonic、、母MonRoe、、母の父Sir Ivor

2010年度種付け料:100万円(出生条件) [2009年度:100万円(出生条件)]
2009年度種付頭数:59頭(2008年度:29頭)

通算成績:11戦5勝(重賞4勝、欧州2歳牡馬チャンピオン)。
種牡馬成績:2000年に種牡馬入り。2008年より本邦で供用開始。
代表産駒:バルタザールズギフト(仏G2ハンガーフォードステークス)

|

ルールオブロー 2001年生
父Kingmambo、母Crystal Crossing、母の父ロイヤルアカデミー2

2010年度種付け料:100万円(出生条件) [2009年度:100万円(出生条件)]
2009年度種付頭数:127頭(2008年度:98頭)

競走成績:9戦4勝(重賞2勝、英セントレジャーなど)。
種牡馬成績:2007年より本邦で供用開始。初産駒は2010年デビュー。

なお、退厩が決定しているディクタットはスペインのデヘサ・デ・ミラグロ(Dehesa De Milagro)へ移動する事が報じられている。
Diktat transferred from Darley Japan to Spain(英レーシングポスト)

関連:
2010年度の種牡馬ラインアップと種付料決定のお知らせ(ダーレージャパン発表)

HBAオータムセール2009・2日目、ファンタスティックライト産駒が最高価格

10月20日(火)、静内・北海道市場にてオータムセール2009(2日目、1歳馬)が開催された。
1日トータルでは昨年比9500万円アップと好況と呼ぶべき市場成績。

最高価格馬は、ダーレージャパンから出場したNo.269のファンタスティックライト産駒で、(株)BOBOSによって1350万円で落札された。

この日1000万円以上で落札された馬は3頭。

ドバイソプラノ2008/父ファンタスティックライト、母ドバイソプラノ、母の父Zafonic、牡馬

落札者:(株)BOBOS
落札価格:1350万円
販売者:ダーレー・ジャパン、生産牧場:ダーレー・ジャパン・ファーム


トミケンクラウン2008/父スペシャルウィーク、母トミケンクラウン、母の父ジェネラス 牡馬
落札者:(株)BOBOS
落札価格:1200万円
販売者&生産牧場:田原橋本牧場


ワンモアアリュールの2008/父キングヘイロー、母ワンモアアリュール、母の父ジェイドロバリー 牡馬
落札者:竹園正継氏
落札価格:1000万円
販売者&生産牧場:新冠・長浜秀昭氏

なお、この日はダーレージャパンから上場された馬が全頭50万円スタートというコスト度外視の価格設定となり、生産牧場側からは波紋を呼んだ。
結果はダーレー上場馬全頭売却となり、100万円台で落札された馬は1頭と、常識の範囲内の価格に収まったが、前後に挟まれた馬に割高感を印象付ける形となったのは否定できない。

この日の結果概要
上場194頭(牡85、牝109)
売却89頭(牡43、牝46)
売却率45.8%(牡50.6%、牝42.2%)

売上総額2億7205.5万円 【前年比+9544万円】
平均価格305万円(牡363万円、牝251万円)

参考:昨年(2008年)のオータムセール・2日目

上場頭数170頭(牡80、牝99)
売却頭数55頭(牡34頭、21頭)
売却率30.7%(牡42.5%、牝21.2%)

売却総額1億7661万円
平均額321万円(牡395万円、牝201万円)

Home > Tags > ファンタスティックライト

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑