ホーム > タグ > プリサイスエンド

プリサイスエンド

福島2歳S、トキノゲンジが勝利[+動画]

福島10R、福島2歳ステークス(2歳オープン、芝1200m)は5番人気トキノゲンジ(安藤光彰騎手)がクビ差で勝利した。
2着に7番人気シーグランディ、3着に8番人気クラウンフィデリオ。
なお2位入線の1番人気スギノエンデバーは14着に降着。

トキノゲンジ:2008年生

父プリサイスエンド、母オータムリーフ、母の父アーミジャー
栗東・梅田康雄厩舎所属。中野正則氏の所有、浦河・小倉牧場の生産。
通算成績5戦2勝。

安藤光彰騎手は、今日はゲートだけが心配だったが落ち着いていた。スタートは遅いが速い脚があるので十分勝負になると思っていた。先頭に立つと遊んでしまう馬で並んだらまた伸びていた。距離が延びても問題ない、とコメント。

[浦和]桜花賞、道営出身のショウリダバンザイが制す[+動画]

浦和競馬場で行われた桜花賞(S1、ダート1600m、1着賞金2500万円)は、後方から徐々に上がっていた3番人気ショウリダバンザイ(真島大輔騎手)が直線一気に先頭に立ち2-1/2馬身差をつけて勝利した。タイムは1分42秒5。高岩調教師は開業12年目で初重賞制覇。
2着は先手を取った1番人気バックアタック、3着は8番人気トーセンウィッチが後方から追い込んだ。
2番人気のオノユウはしんがり10着に終わった。
(なお、注目されたラブミーチャンは22日(月)に熱発が判明して出走を取り消していた。)

レース詳細・動画(提供:南関競馬.com)

ショウリダバンザイ:2007年生、牝馬
父プリサイスエンド、母オレンジスペシャル、母の父ジェイドロバリー (Mr.Prospector 4 x 3) 5代血統表
大井・高岩孝敏厩舎所属。林正夫氏の所有、浦河・山口義彦氏の生産。
同馬は道営競馬で5戦2勝。転入初戦の準重賞桃花賞を制してここで勝利。通算成績は8戦4勝。

真島大輔騎手は、大外枠だし、初騎乗だったので落ち着いて出たなりでと考えていた。4角で並んでからは無我夢中だった。競馬が上手だし乗りやすい。距離が伸びても大丈夫だと思う、とコメント。

高岩孝敏調教師は、トライアルを勝った後、馬体が減らないように気をつけた。騎手には終い伸びるし大外だから無理に行かなくても大丈夫という話をした。次は東京プリンセス賞を考えている、とコメント。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているプリサイスエンド産駒の売り馬

根岸S、11番人気のグロリアスノアが強敵下す[+動画]

東京11R、根岸ステークス(G3、ダート1400m)は11番人気グロリアスノア(小林慎一郎騎手)が中団追走から直線抜け出して1-1/4馬身差で勝利した。昨年9月以来の休み明けを重賞初制覇。タイムは1分23秒7。
2着に1番人気サマーウインドが入り連勝ストップ、3着に4番人気オーロマイスター。

グロリアスノア:2006年生、牡馬

父プリサイスエンド、母ラヴロバリー、母の父ジェイドロバリー
栗東・矢作芳人厩舎所属。高野葉子氏の所有、浦河・鮫川牧場の生産。
通算成績は8戦4勝。

矢作調教師は、マイナス体重は想定外で厩務員がしっかり仕上げてくれた。それでこんなに人気がないので驚いた。今年のダート4歳世代はレベルが高いし出走できればケアをしっかりしてフェブラリーステークスでも頑張りたい、とコメント。

・プリサイスエンドの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているプリサイスエンド産駒の売り馬

[大井]東京2歳優駿牝馬、プリマビスティーが差し切る[+動画]

大井競馬場で行われた今年最後の重賞、東京2歳優駿牝馬(S1・ダート1600m・1着賞金2000万円)は、3番人気のプリマビスティー(左海誠二騎手)が3-1/2馬身差で勝ち、南関東2歳女王の座についた。タイムは1分43秒4。
2着はオノユウ、3着は4番人気キョウエイトリガー。

レース詳細・動画(提供:南関競馬.com)

プリマビスティー:2007年生、牝馬
父プリサイスエンド、母ロングプリマ、母の父ロイヤルスキー
船橋・岡林光浩厩舎所属。備前島敏子氏の所有、浦河・伏木田牧場の生産。
同馬はホッカイドウ競馬でデビューして3勝、南関東転入後は12月6日のJRA2歳500万(中山ダート1200m)5着と健闘していた。
通算成績は10戦4勝。重賞は初制覇。

騎手は、流れが速いと感じたのでこだわらず中団につけた。直線に向いた時には勝ち切れると思った、とコメント。

調教師は、前走同様、惚れ惚れするような走りだった。調整も狂い無く出来た。
元々細い馬なので5キロ増とふっくらとして良い感じだった。最初から芝を視野に入れていたので、今後は芝を使っていきたい。
道営で一生懸命育てて頂いた成果が出た。本当にありがとうございますと言いたい、とコメント。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているプリサイスエンド産駒の売り馬

[新馬戦]プリサイスエンド産駒、ケージーキングオーが勝利[+動画]

東京4Rの新馬戦(メイクデビュー東京、ダート1600m)は、2番人気ケージーキングオー(蛯名正義騎手)が1/2馬身差で勝利した。タイムは1分41秒6。
2着に1番人気リアルフリーダム、3着に4番人気アポロノサムライ。

ケージーキングオー:2007年生、牡馬

父プリサイスエンド、母ケージーキララ、母の父ソヴィエトスター
美浦・水野貴広厩舎所属。川井五郎氏の所有、新ひだか・松本牧場の生産。

騎手は、返し馬でかなり引っ掛かっていたのでソロッと出して行った。手応えは十分だったので開けば届くと思っていた、とコメント。
⇒Bookfull.jp内に掲載されているプリサイスエンド産駒の売り馬

Home > Tags > プリサイスエンド

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑