ホーム > タグ > マーベラスサンデー

マーベラスサンデー

マーガレットS、シゲルモトナリが早め先頭から押し切る[+動画]

シゲルモトナリ(写真提供:Glory to Horses!!)

シゲルモトナリ(写真提供:Glory to Horses!!)

阪神9Rのマーガレットステークス(3歳OP、芝1400m)は、4番人気シゲルモトナリ(北村友一騎手)が1/2馬身差で勝利した。タイムは1分21秒1。
2着に2番人気エーシンウェズン、3着に10番人気ナリタスプリング。

シゲルモトナリ:2007年生、牡馬

栗東・藤岡範士厩舎所属。森中蕃氏の所有、新冠・松本信行氏の生産。
父マーベラスサンデー、母シューペルブ、母の父ミスターシービー
通算成績は11戦2勝。
森中氏は光証券株式会社(兵庫県神戸市 証券業)の代表取締役会長。

北村友一騎手は、以前より競馬が上手になっている。レース前ピリピリしているがそれが良い方に出ている。抜け出すのが早かったがよく凌いでくれた、とコメント。


⇒Bookfull.jp内に掲載されているマーベラスサンデー産駒の売り馬

AJCC、ネヴァブションが連覇達成[+動画]

中山11R、アメリカジョッキークラブカップ(G2、4歳以上・芝2200m)は、5番人気ネヴァブション(横山典弘騎手)が差し切ってクビ差で勝利した。タイムは2分12秒6。
2着に9番人気シャドウゲイト、3着に3番人気トウショウシロッコ。
1番人気のキャプテントゥーレは馬体減が響いたか11着と大敗。

ネヴァブション:2003年生、牡馬

父マーベラスサンデー、母パールネツクレース、母の父Mill Reef
美浦・伊藤正徳厩舎所属。株式会社ティーエイチの所有、新冠・早田牧場新冠支場の生産。
同馬は前年に続くAJCC制覇。通算成績は32戦8勝。
株式会社ティーエイチは兵庫県西宮市にある貸事務所業。(代表:廣崎玲子氏)。

横山典弘騎手は、去年と比較して調子が同じとは言えないものの厩舎所属スタッフが良く仕上げてくれた。向正面でペースが上がった時に自分から動いてくれたようにレースを良く知っている馬。強い相手と戦ってきた経験もあるし良く頑張ってくれた、とコメント。

伊藤正徳調教師は、まだ100%の状態ではないがG1を2度使って状態は確実に良くなっていた。少し速い流れで自分の競馬に持ち込めたのも良かった。今後は様子を見ながらだが厩舎に置いて調整する。京都で成績が良くないので春の天皇賞に行くかどうかは未定、とコメント。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているマーベラスサンデー産駒の売り馬

2009年度JRA年度代表馬はウオッカ

1月6日、JRAは12時から六本木事務所(東京都港区)で「2009年度JRA賞受賞馬選考委員会」を行い、記者投票の結果に基づいて年度代表馬、競走馬各部門の受賞馬を以下のように決定した。

<JRA賞競走馬部門>

・年度代表馬:ウオッカ(父タニノギムレット)

・最優秀2歳牡馬:ローズキングダム(父キングカメハメハ)
・最優秀2歳牝馬:アパパネ(父キングカメハメハ)

・最優秀3歳牡馬:ロジユニヴァース(父ネオユニヴァース)
・最優秀3歳牝馬:ブエナビスタ(父スペシャルウィーク)

・最優秀4歳以上牡馬:ドリームジャーニー(父ステイゴールド)
・最優秀4歳以上牝馬:ウオッカ(父タニノギムレット)

・最優秀短距離馬:ローレルゲレイロ(父キングヘイロー)
・最優秀ダートホース:エスポワールシチー(父ゴールドアリュール)

・最優秀障害馬:キングジョイ(父マーベラスサンデー)

☆特別賞:カンパニー(父ミラクルアドマイヤ)

ウオッカ(写真提供:Glory to Horses!!)

ウオッカ(ジャパンカップ優勝時、写真提供:Glory to Horses!!)

調教師、騎手部門についてはJRAの内規により各賞が決定している。
<調教師部門>
・最多勝利調教師:藤沢和雄(美浦)
・最高勝率調教師:藤沢和雄(美浦)
・最多賞金獲得調教師:音無秀孝(栗東)
・優秀技術調教師:角居勝彦(栗東)

<騎手部門>
・最多勝利騎手:内田博幸(美浦)
・最高勝率騎手:安藤勝己(栗東)
・最多賞金獲得騎手:武豊(栗東)

・最多勝利障害騎手:五十嵐雄祐(美浦)

・最多勝利新人騎手:松山弘平(栗東)

鳴尾記念、サンデーサイレンス最後の大物か、アクシオンが混戦制す[+動画]

アクシオン(写真提供:Glory to Horses!!)

アクシオン(写真提供:Glory to Horses!!)

阪神11Rの鳴尾記念(3歳以上G3・芝1800m)は、7番人気アクシオン(藤田伸二騎手)が1-1/4馬身差で勝利した。タイムは1分46秒5。
2着に4番人気スマートギア(父マーベラスサンデー)が自分の形で追い込んで猛追、3着に2番人気ナムラクレセント(父ヤマニンセラフィム)。
1番人気イコピコはスムーズな展開も伸びが足りず、4着まで。

アクシオン:2003年生、牡馬

父サンデーサイレンス、母グレイテストヒッツ、母の父Dixieland Band 5代血統表
美浦・二ノ宮敬厩舎所属。中田徹氏の所有、平取・坂東牧場の生産。
通算成績は16戦6勝。
サンデーサイレンス直仔としては珍しく530kg台の馬格を誇る大型馬。

騎手は、3年ぶり位に乗ったがこんなに良くなったんだという感じ。元々素質のある馬だったが思った以上に良くなっている、とコメント。

調教師は、昔より落ち着いて調教でもいい意味でズブくなった分、レースで折り合いがついている。屈腱炎で長く休んでいたので馬もまだ若いし、まだまだ頑張ってくれるのではないか、とコメント。

[未勝利]マーベラスサンデー産駒、シゲルモトナリが勝利

福島2Rの2歳未勝利(芝1200m)は、5番人気シゲルモトナリ(荻野琢真騎手)が1/2馬身差で勝利した。タイムは1分9秒3(良)。
2着に1番人気レト、3着に2番人気タンジブルアセット。

シゲルモトナリ:2007年生、牡馬
父マーベラスサンデー、母シューペルブ、母の父ミスターシービー
藤岡範士厩舎所属。森中蕃氏の所有、新冠・松本信行氏の生産。
通算成績は5戦1勝。

騎手は、行こうと思えば行けたが、控えて好位から。手応え通りしっかり伸びてくれた。今後はエンジンの掛かりがもう少し早くなれば、とコメント。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているマーベラスサンデー産駒の売り馬

Home > Tags > マーベラスサンデー

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑