ホーム > タグ > レギュラーメンバー

レギュラーメンバー

くすのき賞、荒尾のウルトラカイザーが勝利[+動画]

小倉10R、くすのき賞(3歳500万下、ダート1700m)は5番人気ウルトラカイザー(真島正徳騎手)が逃げ切ってクビ差で勝利した。タイムは1分47秒7。
2着に4番人気ダートムーア、3着に3番人気ゴールドロジャー。

ウルトラカイザー:2008年生、牡馬
父レギュラーメンバー、母ローレルワルツ、母の父ダイナレター
真島元徳厩舎所属。中野真吾氏の所有、新冠・つつみ牧場の生産。
通算成績は7戦6勝。

真島騎手は、ダートでは行き脚が違った。地元の同世代では抜けた存在だし、中央でも思った以上に楽に行くことができた。まだ若さがあってフラフラしたくらいだから今後が楽しみ、とコメント。

・レギュラーメンバーの種付け料など種牡馬詳細
⇒Bookfull.jp内に掲載されているレギュラーメンバー産駒の売り馬

[荒尾]九州ジュニアグランプリ、フレーザーハクユウが逃げ切る

荒尾競馬場で2歳重賞、九州ジュニアグランプリ(ダート1500m・1着賞金250万円)が行われ、佐賀遠征馬の1番人気フレーザーハクユウ(山口勲騎手)が後続を全く寄せずに逃げ切り5馬身差で重賞初制覇を飾った。
2着は好位を進んだ佐賀のケイエムサンクス。荒尾のレッドエンゼルが3着。

フレーザーハクユウ:2007年生、牝馬
父レギュラーメンバー、母エバークロス、母の父メンデス
東眞一厩舎所属。アシスト・ハクユウ不動産株式会社の所有、新ひだか・桑嶋峰雄氏の生産。
通算成績は6戦4勝。

種牡馬レギュラーメンバーは、サイレントスタメン(東京ダービー)、ダイナマイトボディ(東海ダービー)など今年に入って地方での活躍馬が目立っている。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているレギュラーメンバー産駒の売り馬

東京ダービー、レギュラーメンバー産駒サイレントスタメンが制覇[+動画]

種付け料ほぼ無料の種牡馬レギュラーメンバーからG1馬が出ました。体のしっかりした仔が出るのでセリでも稀に人気が出ます。

6月3日大井競馬場で行われた東京ダービー(ダート2000m)は、8番人気サイレントスタメンが直線11頭をごぼう抜き、圧巻の末脚を発揮して1-1/4馬身差、2:06:7のタイムで勝利。
2着はブルーヒーロー、3着はナイキハイグレード。1番人気の南関二冠牝馬のネフェルメモリーは逃げて4角先頭も0.3秒差の4着だった。

サイレントスタメン:2006年生
父レギュラーメンバー、母ジプシーワンダー、母の父ブライアンズタイム
同馬は新冠・藤田一行氏の生産。

⇒Bookfull.jpに掲載されているレギュラーメンバー産駒の売り馬

参考:

6月 3日(水)「東京ダービー、サイレントスタメンが鮮やかに差し切る」(ラジオNIKKEI)

東京ダービー馬サイレントスタメン(南関魂)

ナイキアディライトが優駿SSで種牡馬入り

2003年の羽田盃、東京ダービーを制した南関東二冠馬ナイキアディライト(牡9歳、父ディアブロ、母ナイキアラモード、母の父スリルショー)が1月7日、新冠町の優駿スタリオンステーションに入厩した。
種付料は20万円(受胎確認後)、もしくは30万円(産駒誕生後)。

同馬の通算成績は43戦14勝。
5戦目から4連勝で羽田盃、東京ダービーを制した南関東二冠馬。
他、かしわ記念、マイルグランプリ、報知グランプリC、日本テレビ盃を制し、南関東タイ記録の5年連続重賞勝利という実績を残した。
ダートで多数の活躍馬を輩出したディアブロの後継となる。

またこれに伴い同種馬場では、昨シーズンまで繋養されていたレギュラーメンバー(牡12歳、父コマンダーインチーフ)が、青森県の山内牧場へ移動した。
コマンダーインチーフの後継としてシンジケートが組まれたが昨年解散。主な産駒にダイナマイトボディ(東海・新春ペガサスC)がいる。

Home > Tags > レギュラーメンバー

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑