ホーム > タグ > Cape Cross

Cape Cross

[仏国]パリ大賞、アガカーン殿下のベカバッドが快勝[+動画]

14日、ロンシャン競馬場で行われた近代フランス3冠の最終戦パリ大賞(G1、芝2400m、1着賞金34万2840ユーロ=約3840万円)は、ベカバッド(G・モッセ騎手)が3/4馬身差で優勝。タイムは2分33秒3。
2着はプラントゥール Planteur、3着はジャンフェルメール Jan Vermeer。

ベカバッド Behkabad:2007年生、牡馬
父Cape Cross、母Behkara、母の父Kris 5代血統表
J.ルジェ厩舎所属、アガ・カーン殿下の所有、
主な勝ち鞍はシェーネ賞(仏G3)。仏ダービー(ジョッキークラブ大賞)は4着。

シーザスターズ、このまま引退へ。繋養先は未定

13日、今年の凱旋門賞馬シーザスターズ(牡3歳)の引退が決定したと英国BBC放送(電子版)が伝えた。
一時検討されていたブリーダーズカップ・クラシックへの出走は今シーズン相当のレース数を使ってきた疲労を考慮され、見送りとなった。
なお引退後は種牡馬となるが、「繋養先は現在のところ未定」とジョン・オックス調教師はコメントしている。
同馬は20年ぶりとなる英クラシック2冠を達成。同一年での凱旋門賞を合わせた3大レース制覇は史上初という歴史的記録を達成している。通算成績はG1六連勝を含む、9戦8勝。
屈指の成績に加え、母が凱旋門賞馬のアーバンシー、半兄に英ダービー馬ガリレオがいる良血のため、種牡馬価値は1億ポンド(約142億円)に達するとの評判を呼んでいる。

参考:
Champion Sea The Stars is retired (BBC)

凱旋門賞、シーザスターズがG1六連勝で勝利。屈指の好メンバー下す[+動画]

現地時間5日にフランス、ロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞(仏G1、芝2400m)は、M.キネーン騎乗のシーザスターズ Sea The Stars(牡3歳、J.オックス厩舎)が最後の直線で内から馬群を割って突き抜けると後続を完封、1-3/4馬身差で勝利。
これで8連勝で母子制覇達成。そのうちG1が6勝、通算9戦8勝。名実ともに歴史的名馬となる輝かしい勝利を飾った。

2着はユームザインが三年連続2着の迷記録達成。キャバルリーマンが3着だった。

シーザスターズ Sea The Stars:2006年生、アイルランド産
父Cape Cross、母Urban Sea、母の父Miswaki 5代血統表
同馬の母アーバンシー Urban Seaは、凱旋門賞(仏G1)の勝ち馬。半兄ガリレオは、キング・ジョージVI&クイーン・エリザベス・ダイヤモンドS(英G1)、英ダー ビー(英G1)、愛ダービー(愛G1)の勝ち馬。
半兄ブラックサムベラミーは、ジョッキークラブ大賞典(伊G1)とタタソールズGC(愛G1)の勝ち馬。 半姉マイタイフーン My Typhoonは、ダイアナS(米G1)の勝ち馬。
叔父キングズベスト King’s Bestは、英2000ギニー(英G1)の勝ち馬。従兄アンジレロ Anzilleroは、ドイツ賞(独G1)の勝ち馬。従兄アナバーブルー Anabaa Blueは、仏ダービー(仏G1)の勝ち馬。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているCape Cross産駒の売り馬

英ダービー、シーザスターズが英クラシック二冠制覇![+動画]

いよいよ種牡馬ケープクロスの黄金時代がやって来たのでしょうか。久しぶりの英三冠の期待がかかります。

現地時間6日に英国エプソム競馬場で行われた英ダービー(英G1、芝12f)は、M.キネーン騎乗のシーザスターズ Sea The Stars(牡3歳、J.オックス厩舎)が内3、4番手から最後の直線で先頭を捉えて後続を完封、1-3/4馬身勝ち、英クラシック二冠制覇を果たした。

2着にはフェームアンドマグローリー Fame And Glory、3着にはマスターオブザホース Masterofthehorseが入った。

シーザスターズ Sea The Stars:2006年生、アイルランド産
父Cape Cross、母Urban Sea、母の父Miswaki 5代血統表
同馬の母アーバンシー Urban Seaは、凱旋門賞(仏G1)の勝ち馬。半兄ガリレオは、キング・ジョージVI&クイーン・エリザベス・ダイヤモンドS(英G1)、英ダー ビー(英G1)、愛ダービー(愛G1)の勝ち馬。半兄ブラックサムベラミーは、ジョッキークラブ大賞典(伊G1)とタタソールズGC(愛G1)の勝ち馬。 半姉マイタイフーン My Typhoonは、ダイアナS(米G1)の勝ち馬。叔父キングズベスト King’s Bestは、英2000ギニー(英G1)の勝ち馬。従兄アンジレロ Anzilleroは、ドイツ賞(独G1)の勝ち馬。従兄アナバーブルー Anabaa Blueは、仏ダービー(仏G1)の勝ち馬。

⇒Bookfull.jpに掲載されているCape Cross産駒の売り馬

参考:
2009年イギリスダービーの全着順(Racing Post提供)

英2000ギニー、アーバンシーの仔シーザスターズが制覇

英国ニューマーケット競馬場で行われた英2000ギニー(英G1、芝1マイル)は、M.キネーン騎乗のシーザスターズ Sea The Stars(牡3歳、J.オックス厩舎)休み明け今季初戦を勝利しG1初制覇。通算4戦3勝。
2着にはデレゲーターDelegator(父Dansili)、3着にはガンアムーラスGan Amhras(父Galileo)が入った。

シーザスターズ Sea The Stars:2006年生、愛国産
父Cape Cross、母Urban Sea、母の父Miswaki、馬主クリストファー・ツイ氏
同馬の母アーバンシー Urban Seaは、凱旋門賞(仏G1)勝ち馬。
半兄ガリレオは、キング・ジョージ(英G1)、英ダービー(英G1)、愛ダービー(愛G1)勝ちの名種牡馬。
叔父にキングズベスト King’s Best、従兄にアンジレロ Anzilleroやアナバーブルー Anabaa Blueがいる名門ファミリー。

⇒Bookfull.jp内に掲載されているCape Cross産駒の売り馬

参考:
全着順(Sporting Life提供)

Home > Tags > Cape Cross

キーワードを入れてブログ内検索↓
RSSフィードも配信中です!
Meta

文頭に戻る ↑